コンビニに無駄にふらっと立ち寄るのをやめれば、かなりの節約に!

気づくといつの間にかお金が無くなっている経験は少なくありません。

大きな出費をしたつもりはないのに、予定よりも大幅にお金を使っていると月末にわかることもあります。

それは、ついつい用もないのに立ち寄っているコンビニが原因かもしれません。

時間を潰すためや、新商品を見るためにフラッと立ち寄ってしまうと、結局目についたものを購入することになってしまうのです。

その時はお腹が減っていてさらに魅力的に見える商品でも、実は自分にとってあまり必要でないものもたくさんあります。

後になって「なんでこんなもの購入してしまったんだろう」と考えることも少なくないでしょう。

自分の無駄遣いを少なくするためにも、まずはコンビニに立ち寄ることをやめてみるのが効果的。

足がコンビニに向いているのに気が付けば、「お金の無駄だ」と自分に言い聞かせてUターンしましょう。

外にいるときは物足りなく感じる場合が多いかもしれません。

しかし、一回家に帰れば食べるものや飲むものも充実しているので、やっぱり買わなくてよかったと思えるはずです。

会社から帰宅途中にコンビニに寄ることが習慣になっている人は、それをやめるだけでかなりの節約になるはずですよ。