無人契約機が逆に増えている消費者金融は景気がいい?

モビットのように無人契約機をなくすといったように、無人契約機が減っている業者もある中で、逆に無人契約機を増やしいているような業者も一部あります。

セントラルといったような中小ではありますが、増やしている会社もいます。

無人契約機というのは、設置するためのコストというのが結構かかります。年間で維持費だけでも数百万円レベルはするのですが、

これができるというのはそれだけ収益があるという証明です。

インターネットでの申し込みが全盛の中でも、コストがかかることができるというのは、それだけ新規での申し込みが多かったり収益が多いという証拠なのであります。

良い会社の可能性が高いので、利用することもおすすめできるほどの会社というわけなのです。