月別アーカイブ: 2017年7月

キャッシングのご利用・ご返済は計画的にお願いします。

私がキャッシングを利用したのは、ボーナス払いでの支払いがあり、手持ちがなかったからです。

金額が10万円と高額だっため、家族に借りるにも話しづらかったので、いろいろな支払い方法を検討した結果、キャッシングを利用しました。

利用会社については、30日間無利息である会社を選びました。借用後すぐに、ある程度の返済ができることがわかっていたからです。

休日に申請しましたが、すぐに連絡が取れ、支払い期日前に手元に資金が用意できたことが助かりました。

また、審査も簡単だったため、必要なものもすぐに準備できました。

一方で、懸念していたのは、勤め先への本人確認の連絡でした。

キャッシング会社からの確認連絡後、勤め先から借用に関する問い合わせがあった場合、どう対処するかを考えていなかったいなかったためです。しかし、確認が取れましたとの返答後も勤め先から、借用に関する問い合わせがなかったので、助かりました。

借りるのは、自分が思っているよりも敷居は高くないと思います。

しかし、簡単だからといって、繰り返し使用したり、利用可能額を増やし続けると、返済ループに陥ることもあるかもしれません。

なので、借用は必要最低限にし、利用可能額もむやみに引き上げないことをオススメします。

キャッシングで借りられる上限額について

消費者金融系に申し込みをして審査に通れば晴れてキャッシングの利用が可能となります。キャッシングの利用は可能となりますが、お金を好きなだけ借りられるわけではないので注意が必要です。キャッシングの利用を開始した直後に借りられる金額は個人によって変わってきますが、おおむね10万円から30万円というところだと思って間違いはないと思います。消費者金融のキャッシングで借りられる金額には総量規制という決まりが設けられています。総量規制というのは利用者の年収の3分の1までしか借りられないという決まりです。

年収が120万円の利用者は40万円までしかキャッシングで借りられないということになります。消費者金融のキャッシングには総量規制とは別に融資限度額が設けられています。融資限度額は利用者の返済能力から判断して消費者金融が個別に決めている融資額の上限ということになります。融資限度額によって、キャッシングの利用開始直後に借りられる金額はおおむね10万円から30万円となっているのです。融資限度額は変更も可能なので、自分に適用された限度額が低いと感じた場合は消費者金融に増額を願い出ることも可能です。増額が認められるには、真面目にキャッシングを利用しているという実績を作る必要があるようです。

学生がキャッシングできる条件とは

一般的にキャッシングは条件をクリアしているのであれば誰でも利用できるようになっています。そしてその条件とは成人している事と安定した収入があることで、大学生でも未成年はキャッシングできませんし成人していても収入の無い方は同様に利用できなくなっています。

なので成人してアルバイトなどで収入を得ている大学生は問題なくキャッシングできるはずなのですが、中には審査に通過できないケースも見られます。この時には主に収入面が問題視されていて、条件の一つである安定した収入と言う事がネックになっています。

例えばシフト制のバイトの場合は毎月ある程度は決まった収入が見込めますが、派遣のバイトなどの場合はその日限りと言う事も多くなりますので安定した収入とは言えなくなっています。また、バイトを始めてからの期間が極端に短い場合も審査に落とされる可能性が高くなります。

これは消費者金融などではあくまでも貸したお金を返済してもらう必要がありますので、本人の収入は最重要ポイントになっている事が理由になります。したがって学生がキャッシングするためにはまずは成人している必要がありますし、最低でも三カ月は勤務しているアルバイト先があることなどが条件になると言えます。

カードローンは計画的に使うことで生活に余裕ができます

家賃は主人が払ってくれていたんですが、主人がリストラされて払うことができなくなり、 2ヶ月滞納した結果、保証会社から督促の電話が私のところにかかってくるようになりました。

私もそれほどたくさん貯金がなかったのですが、督促はしつこく毎日何回もあり、ショートメールでも督促が始まりましたため、急遽カードローンを申し込みカードローンでお金を借りて返済しました。

カードローンだと簡単に手続きができて、根掘りは掘りも聞かれないのでプライバシーが守れるような気がして悪いことをしていると言う罪悪感があまりないところがよかったです。

そして、友達や親に心配をかけることなくお金を調達できるため自分の中で解決できる点が良いです。

金利だけでも返すことができますし一括で元本を返すこともできるので、マイペースに自分の小遣いや、家計のやりくりのさじ加減で無理なく返済ができて良いです。計画的に使うことで貯金はできませんが節約して返済はできます。

全く返済するあてがない場合はカードローンは、利用しない方が良いと思います。

アルバイトでもして私収入があるなら計画的に少しずつでも返済できるので、貯金する逆バージョンで確実に返済できて欲しいものが手に入るのでいいと思います。

モビットの特徴と魅力について

消費者金融などで、お金を借りる事も生活しているとあると思いますが、最近はたくさんのカードローン会社があります。利用するなら安心して利用できるところが良い事は誰でも感じる事です。消費者金融会社で誰しもが聞いた事がる会社としてモビットは、は口コミや評判でもわかるように、

とにかく審査スピードが早く、すぐに借り入れできるのが魅力です。三菱東京UFJ銀行のグループ会社ということで、信頼されているというのもポイントと言えます。利用しやすいだけでなく、しっかりと信頼と実績が備わっていると言えます。キャッシングの際に、収入証明も不要で即日融資も可能なので、利用しやすいと言えます。安定した収入があれば、アルバイトの方でも借り入れできて、良心的な部分があるからこそ、モビットを利用する人が多いと言えます。モビットの最大の特徴は、高額の融資を得意としていて最高500万円まで借り入れができるので、必要書類を提出できて、安定した収入がある場合では、高額融資も十分に可能と言えます。キャッシング利用額が多い場合は、その分金利が低くなっているというのも特徴です。モビットをおまとめローンとして利用する人が多く、他社から乗り換えるケースが増えていて便利に利用できる消費者金融会社と言えます。

キャッシングの申し込みで気を付けたいこと

学生の頃に大型のオートバイクを購入したいと考え、キャッシングを利用しました。

その頃していたアルバイトを続ければ十分購入できる額ではあったのですが、ただなんともなしに早く手に入れたいと考え、すぐに利用できる金銭入手手段であること、またその方法の容易さからこれを利用するに至りました。

初めての利用でしたが、インターネットで調べるとたくさんのサイトでその利用方法などが詳細に記され、おすすめや比較などが出ていたことも後押しになりました。

最初理由するにあたり、隙間時間でインターネットで簡単に入力して申し込みを完了することができ、とても安易に利用することができました。

しかし、当時学生であったこともあり、貸しだし限度額が低めに設定されてしまい、必要な額にはぎりぎり達していたのですが、少しがっかりしました。

また、その際には2つのキャッシングサイトへ利用の申し込みをしていたのですが、こちらの時間や予定に関わらず私自身に、また私の勤め先へ急に、しかも2つ登録していた分数回に渡り電話をかけてこられたのには少しばかり困らされました。

わかりきったことかもしれませんが、利用するにあたり勤め先などに在籍確認などの名目で急に電話をよこすことがあります。

各種サイトの解説やキャッシングサイトのキャッチフレーズでは、キャッシング利用のための在籍確認とわからないように勤め先へ確認電話をよこすとありますが、実際に聞いてみると明らかにバレバレの内容で電話してきます。

故に勤め先や関わりそうな人にはしっかり説明や根回しをしておくことが勧められます。