月別アーカイブ: 2017年10月

風俗や水商売の方でも借りられるのか?

風造関連や水商売関連の人というのはなかなかお金を借りれないケースが消費者金融ではあったりします。

その理由としては、収入の安定性や職業に関しての風当たりの悪さや、すでに借金をしている方がいたりとそういったところでなかなかお金が借りられないようなこととなります。

そういったところでなかなかお金が借りられないような面が強かったりするのですが、消費者金融によってはしっかりと審査をしてお金を借りられるようなケースがあります。

消費者金融をしっかりと選ぶ必要もありますが、収入証明をしっかりと出すことや確定申告についてちゃんとできているといった、収入が一定の暗提訴があることを証明できればお金を借りることができる可能性が出てきます。

キャッシングの審査を行う基準について

これからキャッシングをしようと考えている人にとって、審査基準は非常に気になる項目だと思います。しかし、消費者金融各社は明確な審査基準を公表しておらず、自身が審査を通るのか正解な答えを事前に知る事は出来ません。それでも様々な情報を収集することによって、どんな人が審査で落ちてしまうのかが分かるので紹介したいと思います。

キャッシングの審査では金融業者は必ず申し込んだ人の信用情報を確認します。金融業者は信用情報機関から信用情報を確認することで、個人情報の他に各種ローンやクレジットの支払い情報や、過去の金融事故情報を確認し、それらの信用情報を参考にしてキャッシングの可否や限度額が決定します。

その為、ローンの支払い等が長期にわたって滞っている人は信用情報に事故情報が記録されている場合があり、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

また、消費者金融のような貸金業者は総量規制によって、年収の1/3までの金額しか貸付をすることが出来ず、この金額は他の消費者金融からの貸付も含めたものとなっているので、既に他の消費者金融から年収の1/3以上の金額を借り受けている場合は審査を通りません。

それに対して銀行は総量規制の枠外となっているので審査を通る可能性はありますが、銀行によっては総量規制と同様の審査基準を設けていたり、年収のどれだけを返済に充てているのを示す返済比率によって合否を判断する場合があります。

これら他にも、安定した収入が見込めるかどうかの判断や、他社への借り入れ件数等も審査基準に含まれており、総合的に合否が判断されます。