月別アーカイブ: 2018年11月

審査はその人を判断する

お金を借りる時は審査が必要ですが、人間を判断する最大の審査は信用度です。

信用できない人には、お金は貸せません。

人間を判断する要素は、職種、勤続年数、年齢でだいたいの人間像が分かります。

過去に延滞があったり、他からの借り入れがあると審査は通りません。

一度も遅れたことがない人や、最後まで支払いが可能だった人には、実績ができて審査も厳しくなくなります。

職種は安定性のある仕事で、安定した収入があることが条件です。

給料が、高かったり安かったりするのは難しいでしょう。

決め手は勤続年数ですが、1年だと厳しいものがあります。

今後、その人が継続できるかが分かりません。

5~10年勤務なら審査は通りやすいです。

年齢は、あまり年を重ねていると返せない場合が生じるので貸さないケースが出て来ます。

給料が安い若い人の方が借りやすいですが、限度額は少ないです。

初めてキャッシングの申込みをしてみた

出席しなければならない飲み会が続き、出費が多かった月にたまたま友人の結婚式に出席することになってしまいお金をどうやって工面しようか考えていました。

そんな時テレビのCMでよく見かけるキャッシングなら、すぐにお金を工面することができると思い申し込みをしてみることにしたのです。初めて申し込みをするということもあり少し不安があったのですが、実際申し込んでみるとWEB上のみで完結ができるということもあってとても簡単でした。

必要事項も案内に沿って記入するだけで、さらに24時間以内に指定の口座にお金が振り込まれるというスピードの速さにビックリでした。

キャッシングを利用することに最初は抵抗があったのですが、友人の結婚式にも無事出席することができたのでキャッシングを利用して良かったと感じました。

キャッシングの返済は計画性が大事

キャッシングでお金を借りた場合には返済をしていくということになりますが基本的に約定返済というのは月に一回です。ですから、返済というのはそれが最低限できていれば最終的に返済を終えることにはなります。

しかし、それでは結構な時間がかかってしまうことが多いです。ですから随時返済をしていくということが利息を減らすという点においてもかなり優秀なことになるというのは間違いないでしょう。

その点をよく認識しておいて、返済計画を立てることです。随時返済で全額の返済ができるのであれば次の月の約定返済を気にすることはないのですがそうではないのであれば次の月の約定返済の分は確実に確保できるようにしておきましょう。

とにかく手元のお金を返済に回せば良いというわけではなくきちんと計画的に行うのが大事です。