月別アーカイブ: 2019年6月

過去にキャッシングローンを契約していたけど住宅ローンの審査に不利?

銀行や消費者金融のカードローンおよびフリーローンを契約している、または過去に契約していた場合、住宅ローンの審査が通過出来るか不安になります。一般的にキャッシング契約をしている場合、審査が通り辛いと言われています。しかし、審査に不利になるのは残債があり返済を続けている、もしくは契約状態でいつでも借り入れが可能にあるということになります。

では、どの様な状態であれば、住宅ローンや自動車ローンの影響が無くなるかというと契約終了から5年以上経過していることがポイントになります。これは、個人信用情報の取引履歴が抹消されるタイミングになります。

ただし、重要なことは解約していることです。住宅ローンや自動車ローンを将来的に契約する方は、不要になったキャッシング契約は適宜解約してしまうことがおすすめになります。特にカードローンの場合、利用限度枠内であれば、いつでも借り入れが出来る上、毎月の家計収支に余裕が無いと見做されてしまいます。

ですが、過去に契約していたということは、決して不利なものではなく、個人信用情報の情報保有期間を理解することが不安に考える必要が無くなります。どうしても不安な場合は、ローン契約時に個人信用情報の開示請求を行うのがおすすめです。

銀行カードローンの審査が可決されるための3つの準備

銀行カードローンを利用する時は消費者金融を利用する時より審査が厳しいと言われているので申し込みをする前にしっかり準備をしておく必要があります。そこで銀行カードローンの審査が可決されるにはどのような準備をしていけばいいのか見ていく事にしましょう。

・安定した収入を得ておく

銀行カードローンの審査では返済能力があるかどうかが一番重要視されるので収入が安定いている事が大切になってきます。月々に一定の収入を得ておく事で安定してくるのでまずはしっかり仕事をしてお金を稼ぐようにしましょう。

・借金がない状態にしておく

銀行カードローンの審査で返済能力があるかどうかを確認しますが、収入だけでなく借金の有無もしっかり確認します。借金があると収入が安定していても返済能力がないと判断されてしまう可能性があります。借金がない状態にしておく事も重要なポイントになってきます。

・収入証明書を準備しておく

銀行カードローンは少額の借り入れをする時は本人確認書類だけ提出すればOKですが、自営業など収入面で不安な部分がある時は安定した収入があるという証明をする事が大切になってきます。審査に可決されるためには少額の借り入れをする時も収入証明書も準備して提出した方がいいでしょう。

おまとめローンのメリットは?

複数社で借りているキャッシングを1つにまとめるローンを、おまとめローンといいますがどのようなメリットがあるのでしょうか。一番のメリットはまとめて一本化することで現在の金利よりも低い金利でお金を借りることが出来ます。キャッシングというのは小口の借入ほど高金利になります。一本化して借入額が大きくなればそれだけ低金利で借りることができるのです。

金利が低ければ同じ額を返済していたとしても、元本に充当される分が増えますので早くにキャッシングの返済を終わらせることができます。それぞれのキャッシングでは最低返済額が決まっていますので、複数社で借りている場合一ヶ月の返済額が大きくなります。おまとめローンを利用すれば返済がきつくて大変だと感じるのなら、毎月の返済額を今よりも下げることもできます。

金銭的なメリットが一番大きいのですが、他にもメリットはあります。それは返済の手間が1つにまとまるということです。キャッシングは会社によって返済日や返済額が異なります。複数社から借りている場合には、一ヶ月に何度も返済日がやってくるということです。

そのたびにATMへ行って返済をしたり、口座引き落としの場合でも残高が十分にあるか確認する必要があります。おまとめローンを利用すればその手間が月に1回に減らすことができますので、返済へのストレスも減らすことができます。

キャッシングの増額申請で必要な利用期間

キャッシングの利用限度額を増やす際には、増額の申請をすることができます。ただし、実際に申請をして審査に通るには、一定期間の利用が必要です。これは1回あたりの金額は関係なく、期間でチェックをしているケースが多く、1回あたりの金額はわずかでも、結構長い期間利用していたり、何回も利用していて、その都度返済を怠らないでいると、それがどんどんプラスの材料になっていくのです。

つまり、借り入れと返済を何度も重ねていくことが重要になります。この利用期間の長さについては、増額申請のための条件になっていることもあり、最低利用していないとそもそも申請ができない期間がある場合もあるのです。それはキャッシング会社によっても違いますが、半年から1年くらいというところが多いです。

中には、2,3ヶ月とか、それくらいで可能な場合もありますけど、基本的には最低半年くらいは利用して、そのうえで増額のための申請をしないと、申請自体が受理されないこともあります。だから、初めての利用ではもちろん多くは借りられませんが、その不満を解消するには、すぐには無理だということです。ある程度の期間は利用を継続して、毎回返済を怠らないようにしていかないといけません。

増額申請には、時間も必要だということです。

銀行カードローンはなぜ収入証明不要なのか

銀行カードローンのメリットは総量規制対象外だということです。年収による制限を気にせずお金を借りることができます。また総量規制対象外であることは、銀行カードローンを利用しやすくしているという別の側面もあります。

高額融資でも収入証明が不要

それが収入証明不要のサービスです。銀行カードローンの多くでは、かなり高額の融資を希望しても収入証明書が原則不要となっています。消費者金融などでは50万円を超える時点で必ず収入証明書が必要になりますが、銀行カードローンでは本人確認ができる身分証だけで申し込みができるのです。これによって銀行カードローンにはとても申し込みやすくなっています。

なぜそんなことが可能なのか

消費者金融や信販会社が50万円を超える融資に対して必ず収入証明書を要求するのは、総量規制を守らなければならないからです。彼らには調査義務が課されており、収入証明不要としてしまうと法律違反になってしまいます。銀行カードローンは総量規制対象外なので調査義務もありません。そのため、100万円まで、300万円までなどのように独自の基準で収入証明が必要になる金額を設定できるのです。ある程度の金額までなら、わざわざ収入証明書を用意しなくてもお手軽に利用できるというのは、銀行カードローンの魅力のひとつといえます。