月別アーカイブ: 2019年10月

学生ローンのメリットとデメリット

学生にとって新生活が始まるこの時期に学生ローンのメリットとデメリットを紹介します。

まずメリットは、金利が年16%前後と消費者金融の年18%よりもやや低いことです。次に基本的にアルバイト先への在籍確認がないことです。普通のカードローンの審査には原則職場への在籍確認が不可欠となっています。なお卒業後もそのまま利用できる業者が多いので、わざわざ卒業後に他社に申し込む必要はありません。

一方デメリットは借り入れは原則1回こっきりで、カードローンのように融資限度額の範囲内で何度も利用できないことです。さらにカードが発行されないので、コンビニATMを利用できず、借入・返済方法が少ないことです。

スマートな利用が可能になるプロミスのスマホATMの魅力

消費者金融会社のキャッシングを利用する際には、契約した上で専用のカードで利用するケースが多いですが、プロミスではセブン銀行のATMと専用のスマホアプリを組み合わせる事で、スマホだけで入出金が出来る「スマホATM」のサービスを提供しています。

スマホATM用のアプリは、iOSやAndroidといったモバイルOSを搭載したスマートフォンで利用する事ができ、セブン銀行のATMに表示されるQRコードをアプリで読み込む事で、企業番号とワンタイムパスワードが表示され、これをATMに入力すれば、サービスを利用出来ます。

スマホATMはカードレスでキャッシングの利用が出来る利便性が高いサービスであり、スマートフォンユーザーであれば、今までの煩わしい手続きから解放されます。

銀行系カードローンの利用は減るのか?

業界側の自主規制の流れにより、銀行系カードローンの利用は厳しくなります。

即日融資といった速い審査を売りにしているところは、これからは暴力団対策のために時間をかける必要がありますので

審査時間は長くなりますし、審査についても総量規制に近づけるということで審査が厳しくなってきています。

そうなると、早めに借入したかった人や銀行の審査が通るか通らない人が借入できない状況になってしまいます。

また、借入金額も以前のようには生きません。

それなので、基本的にはお金の借入をすることが出来ない人が増えることが予想されますので、銀行系カードローンは

今後は減少していくことになるkと尾が考えられるのです。

以前と変わらない範囲で利用できる人もいますが、そういった人もいくらか減るでしょう。

アルバイトでもキャッシングは可能な?

基本的にはアルバイトでも借り入れはすることが可能です。ただ特に法律で定められているわけではないのでそれぞれの消費金融の裁量に任せており、申し込む場所によってはアルバイトはそもそも借り入れをしていないところもあります。

アルバイトで借りる際の基礎知識として、正社員、アルバイトなどに限らず総量規制法という法律により原則年収の3分の1以上の借り入れは法律で禁止されております。これは借りすぎによる多重債務や返済が出来なくならないようにする為に定められた法律です。なのでアルバイトで年収100万円でしたら約33万くらいまでしか限度額はもらえません。またアルバイトは安定した収入とはあまり言えないので、借り入れ限度が正社員よりも低く設定されることが多いのでその点留意し申し込みをしてみてください。

いざという時のキャッシング

出かけた先で、急にお金が必要になることは良くある事です。

お金が必要な時に、お金がないとやりたい事をあきらめなくてはいけません。

しかしたまにしか訪れないような場所で、やりたい事をあきらめるのは辛いものです。

先日も外出先で、急にお金が必要になりました。

昼時にお腹が空いたのでランチを食べようと思い、財布の中を見たのですが現金が全然入っていません。

また銀行のキャッシュカードも、お財布に入っていませんでしたので、お金を下ろすこともできません。

ただしクレジットカードはお財布に入っていたので、クレジットカードで支払いをしようと思いました。

しかし飲食店やスーパーなどの多くは、クレジットカードが使えません。

私が行きたいと思ったお店もクレジットカードで支払いができないお店でした。

外出先の街にしかない、美味しそうな個人経営の飲食店です。

この機会を逃したら、つぎにいつ訪れることができるか分かりません。

ランチをあきらめるしかないかな…と思った時に、カードでのキャッシングを思いつきました。

一括払いなら金利を取られることもありません。

コンビニのATMでキャッシングし、無事にランチを食べることができました。

一括払いのキャッシングはいざという時に便利だと思います。