月別アーカイブ: 2020年3月

銀行カードローンの保証会社に対し過剰融資対策の強化要請がされた!

銀行カードローンにおける、過剰貸付や借り入れにより、多重債務問題が再燃していることが問題化しています。結果、銀行独自の自主規制により、所得証明書類の提出が必要になったり、総量規制に準拠し年収の1/3までの利用限度になるといったことが行われています。

しかし、銀行側の対応遅れもあり、2017年8月21日に日本貸金業協会は銀行カードローンの保証会社に対し、過剰融資対策の強化要請が行われました。これは、今後、保証会社がより審査を厳しく行うということに直結しています。

つまり、銀行カードローンでも消費者金融のキャッシングローンと同等の融資額になる可能性が高くなりました。そもそも、保証会社の多くは、消費者金融系ないしは大手クレジットカード会社となっており、日本貸金業協会の登録会員です。登録会員となっている場合、定期監査ないしは特別監査を受けることとなるため、過剰融資が露呈した場合は是正指示または処分を受けるリスクがあります。

今回の日本貸金業協会の対策の強化要請は、より銀行カードローンの審査が通り難くなるだけでなく、現在借り入れがある方は利用限度額が減額される可能性が生じています。結果として、銀行カードローンは総量規制の対象外ということでは無くなっているため、申し込みをする際は希望額を必要最小限に抑えるなど対策が重要になります。

借入額に対し5年間で最大約5割アップの危険性!

銀行や消費者金融のカードローンの多くは、リボルビングスライド方式による返済が一般的になっています。そのため、毎月の返済額を最小限に抑えることは可能なものの、長期返済を行った場合、総返済額が増加してしまい返済が終わらないといった感覚を得てしまいます。

大手消費者金融のカードローンに比べ、金利設定が約3%程低い銀行カードローンであっても、長期返済はリスクを伴ってしまいます。そもそも、リボルビングスライド方式により、50万円を借り入れした場合、金利18%かつ5年間で総返済額が約76万2千円となり、金利14.5%でも約70万5千円となってしまいます。結果的に40%から50%の金額がアップしてしまいます。

キャッシングローンを利用する場合、少しでも総返済額を抑えるのであれば、短期間での返済に注意する必要があります。特に10万円以下の借り入れであれば、年間利息も低く抑えることが出来るため、借入額の10%以下とうことも可能です。

カードローンの多くは、契約更新により返済期間の長期化となり易いため、返済計画を検討する場合には1年以内に返済するということが重要なポイントとなります。特に近年では、少額返済に対応した銀行カードローンで返済不能になるケースもあり、返済契約の重要性が指摘されています。

アイフルの契約に必要な書類について

アイフルを利用するにあたり、必要な物は前もって用意しておいたほうが、当然ながら手続きを円滑に進めることができます。

店舗や自動契約ルームで契約する場合、必要な物が揃っていれば、審査に通れば即座に利用可能になります。

アイフルの契約には、以下の書類が必要になります。

まず、「本人確認書類」。

具体的には、「免許証」「健康保険証」「パスポート」などが挙げられます。

いちばん手っ取り早いのは免許証ですが、社保や公務員共済などの保険証だと、利用者の職種レベルが判定しやすいので、審査が有利になる可能性があります。

ただし、いずれの書類を提出するにしても、書類に書かれた住所と現住所が一致しているかどうかは、しっかりチェックしておきましょう。

もし、引っ越しなどの理由で住所が異なっている場合は、「公共料金の領収書」「印鑑証明書」などでも代用できます。

次に、「収入証明書」。

具体的には、「源泉徴収票」「確定申告書」「給与明細書」などが挙げられます(給与明細書の場合は、直近2ヶ月分の物を用意してください)。

ただし、これらは「利用希望額が50万円超の場合」もしくは「他社と合わせた借り入れの総額が100万円超の場合」にのみ、必要になります。

キャッシングの申し込み方法は状況に応じて選ぶ

カードローンなどでキャッシングをする際には複数の申し込み方法があります。申し込みはどの方法で行っても同じと適当に選ぶのではなく、自分の状況にあったようなものを選ぶことをおすすめします。
例えば郵送で申し込みをしてしまうと、即日融資はできませんし手間もかかります。

しかしネット申し込みであればすぐにできるので、即日融資も可能になってきます。ただしネット完結申し込みを利用すると、カードが発行されないということも覚えておかないといけません。カードが発行されずに振り込みでの融資となると、銀行の営業時間に融資が左右されることになります。

常にすぐにしたい時にキャッシングをするとなると、やはりカードがあった方が便利だと言えるでしょう。

また窓口での申し込みであれば、いろいろとわからないところを聞いたり、相談をしつつ初めての人も安心して申し込みが可能です。こちらの方法でもカードはすぐに発行されます。そのほかには契約機での申し込みがあります。こちらはネットから申し込みをして契約機でカード発行をするという手段もあり、それならネット申し込みのいいところと契約機のいいところを両方とることができると言えるでしょう。

これらを参考に状況に応じていいと思う方法を選択なさってください。

キャッシングの返済は出来る限り前倒しすることが大切

キャッシングを利用した場合は、毎月の約定返済日までには必ず返済することが必要となります。期日までに返済が出来なければ、遅延損害金が発生したり、信用情報にキズが付いたりしてしまいます。その為、返済期日は必ず守ることが必要ですが、出来れば返済はどんどん前倒しで行っていきたいです。

キャッシングを利用すれば毎日金利が発生しています。金利は借入残高に対して発生していますので、借入残高が少ない方が金利負担も抑えることが出来ます。

キャッシングでは毎月最低限支払わなければいけない約定返済額が設定されていますが、約定返済額以上でしたらいくらでも返済することが可能です。その為、資金に余裕のある時には、約定返済と随時返済を併用して出来る限り多くの金額を返済するようにしたいです。

まとまった返済資金を準備することが出来れば、もちろん一括返済を行うことも可能です。ただし業者によっては元本のみの一括返済を認めている場合がありますので、元本のみを一括返済した場合は次回の約定返済日に完済日までの利息を支払うことが必要となります。返済方法を口座からの自動引き落しに設定している場合は、利息分の残高を残して置くことが必要となります。

アコムの審査に落ちる主な原因について

アコムの審査に落ちる主な原因には、以下のような物があります。

一つ目は、「誤字があった」。

申込時に入力フォームに必要事項を記入しなければなりませんが、そこで誤字がある場合は審査が正常に進まないので、結果的に落とされることがあります。

二つ目は、「安定した収入がないと判定された」。

「正社員だが、まだ勤務してから1ヵ月しか経っていない」などという場合は、安定した収入があるとは見なされません。

三つ目は、「返済能力がないと判定された」。

これは二つ目の項目と重複する所がありますが、正社員でも勤続年数が短いと、返済能力がないと見なされてしまいます。

四つ目は、「総量規制に抵触するおそれがあった」。

年収と比べてあまりに多い額の借り入れを希望したなどという場合は、総量規制に抵触するおそれがあると判定されてしまいます。

五つ目は、「過去に延滞などがあった」。

アコム以外の所から借り入れて延滞などがあった場合、その情報は消費者金融同士で共有されているので、審査の時にはマイナス材料となります。

六つ目は、「短い間に何件も申し込みをしている」。

延滞などと同じく、いつ・どこに申し込みをしたかという情報も消費者金融同士で共有されているので、やはりマイナス材料となります。

確実にキャッシング即日を可能にするには?

さまざまな理由により、急きょお金が必要になった!そんな困った事態を解決に導く手段として、何を思い浮かべますか?多くの人は、キャッシングと答えるのではないでしょうか。最近は、キャッシング即日可能な業者も増えてきています。いざという時には、大きな力になってくれますね。

ただ、確実にキャッシング即日を求めている人もなかにはいるでしょう。そんなときは、早めの行動が大事です。融資が必要とわかったら、すぐにキャッシング審査を受けましょう。インターネットを使うと、スムーズに審査の申し込みができます。即日にするためにも、午前中や日中に申し込んだほうがよいですね。

また、審査のときの記入事項には十分気をつけましょう。万が一間違えて記載していると、裏付けを取るために、審査に異常に時間がかかってしまうこともあります。もちろん虚偽やウソの申告は決してしないでくださいね。

さらに、店舗に訪れるときは、事前に必要な書類を用意しておくと、時間の無駄を省くことができます。身分証明証と印鑑は必ず必要です。融資額によっては、年収を証明する用紙も必要になります。

少しでもキャッシング即日を可能にするためには、以上のような点に気を使うとよいでしょう。事前に用意できるものは準備しておくと、よりスムーズな借入ができますよ。