gyugemu のすべての投稿

学生ローンのメリットとデメリット

学生にとって新生活が始まるこの時期に学生ローンのメリットとデメリットを紹介します。

まずメリットは、金利が年16%前後と消費者金融の年18%よりもやや低いことです。次に基本的にアルバイト先への在籍確認がないことです。普通のカードローンの審査には原則職場への在籍確認が不可欠となっています。なお卒業後もそのまま利用できる業者が多いので、わざわざ卒業後に他社に申し込む必要はありません。

一方デメリットは借り入れは原則1回こっきりで、カードローンのように融資限度額の範囲内で何度も利用できないことです。さらにカードが発行されないので、コンビニATMを利用できず、借入・返済方法が少ないことです。

スマートな利用が可能になるプロミスのスマホATMの魅力

消費者金融会社のキャッシングを利用する際には、契約した上で専用のカードで利用するケースが多いですが、プロミスではセブン銀行のATMと専用のスマホアプリを組み合わせる事で、スマホだけで入出金が出来る「スマホATM」のサービスを提供しています。

スマホATM用のアプリは、iOSやAndroidといったモバイルOSを搭載したスマートフォンで利用する事ができ、セブン銀行のATMに表示されるQRコードをアプリで読み込む事で、企業番号とワンタイムパスワードが表示され、これをATMに入力すれば、サービスを利用出来ます。

スマホATMはカードレスでキャッシングの利用が出来る利便性が高いサービスであり、スマートフォンユーザーであれば、今までの煩わしい手続きから解放されます。

銀行系カードローンの利用は減るのか?

業界側の自主規制の流れにより、銀行系カードローンの利用は厳しくなります。

即日融資といった速い審査を売りにしているところは、これからは暴力団対策のために時間をかける必要がありますので

審査時間は長くなりますし、審査についても総量規制に近づけるということで審査が厳しくなってきています。

そうなると、早めに借入したかった人や銀行の審査が通るか通らない人が借入できない状況になってしまいます。

また、借入金額も以前のようには生きません。

それなので、基本的にはお金の借入をすることが出来ない人が増えることが予想されますので、銀行系カードローンは

今後は減少していくことになるkと尾が考えられるのです。

以前と変わらない範囲で利用できる人もいますが、そういった人もいくらか減るでしょう。

アルバイトでもキャッシングは可能な?

基本的にはアルバイトでも借り入れはすることが可能です。ただ特に法律で定められているわけではないのでそれぞれの消費金融の裁量に任せており、申し込む場所によってはアルバイトはそもそも借り入れをしていないところもあります。

アルバイトで借りる際の基礎知識として、正社員、アルバイトなどに限らず総量規制法という法律により原則年収の3分の1以上の借り入れは法律で禁止されております。これは借りすぎによる多重債務や返済が出来なくならないようにする為に定められた法律です。なのでアルバイトで年収100万円でしたら約33万くらいまでしか限度額はもらえません。またアルバイトは安定した収入とはあまり言えないので、借り入れ限度が正社員よりも低く設定されることが多いのでその点留意し申し込みをしてみてください。

いざという時のキャッシング

出かけた先で、急にお金が必要になることは良くある事です。

お金が必要な時に、お金がないとやりたい事をあきらめなくてはいけません。

しかしたまにしか訪れないような場所で、やりたい事をあきらめるのは辛いものです。

先日も外出先で、急にお金が必要になりました。

昼時にお腹が空いたのでランチを食べようと思い、財布の中を見たのですが現金が全然入っていません。

また銀行のキャッシュカードも、お財布に入っていませんでしたので、お金を下ろすこともできません。

ただしクレジットカードはお財布に入っていたので、クレジットカードで支払いをしようと思いました。

しかし飲食店やスーパーなどの多くは、クレジットカードが使えません。

私が行きたいと思ったお店もクレジットカードで支払いができないお店でした。

外出先の街にしかない、美味しそうな個人経営の飲食店です。

この機会を逃したら、つぎにいつ訪れることができるか分かりません。

ランチをあきらめるしかないかな…と思った時に、カードでのキャッシングを思いつきました。

一括払いなら金利を取られることもありません。

コンビニのATMでキャッシングし、無事にランチを食べることができました。

一括払いのキャッシングはいざという時に便利だと思います。

継続は力なりはキャッシングにも通じる言葉

キャッシングを利用するには申込みをして、審査を通過し、契約する必要がありますが、審査はキャッシング会社によって基準が違います。

ですが、どのキャッシング会社でも注目する事が判明しているポイントが有り、その一つが勤続期間です。

お金を貸すからには返してもらわないといけないので、貸す相手に安定した返済能力が有ることは必須です。

勤続期間は仕事を唐突に辞め、返済能力がなくなったりしないかを判断するために、ほぼ全てのキャッシング会社が判断基準の一つにしています。

勤続期間が半年に満たなければ、仕事をすぐやめる可能性があると判断され審査通過率は著しく低下しますし、1年以上続けていれば早々辞めることは無いはずと審査通過率にプラスになります。

継続は力なりと言いますが、キャッシングに於いて仕事を継続することは、審査の通りやすさに影響力を持つのです。

キャッシングの利息に幅があるのは

キャッシングには金利が設定されており、どこの金融機関で借り入れをしても利息が発生します。

最低金利と最高金利には幅があり、一目見ると分かりづらく感じてしまう場合もありますが、これは金利が借り入れた金額によって変動するためです。

基本的には借り入れ額が大きいほど金利は低くなり、逆に借り入れ額が少ないほど金利は大きくなります。

金利を低くしたい場合は借り入れ額を増やせば良いということになりますが、実際にはキャッシングにおいて高額の借り入れをするのは難しく、とくに初回の利用者は信用情報に乏しい部分もあるため、審査によって決められた借り入れ限度額の範囲でキャッシングを行なうことになります。

少額の融資が主になる消費者金融や銀行カードローンでは各金融機関が定めた上限金利に注目してキャッシングを行なうことが大切です。

住んでいる場所の周辺に店舗やむじんくんが設置されていない時のアコムの申込方法は?

アコムは全国各地に店舗や無人契約機のむじんくんが設置されていますが、住んでいる場所の周辺に設置されていない事もあります。それで出向くのに時間がかかってしまうのでお金を借りる事が出来るのが遅くなってしまう事があります。そこで住んでいる場所の周辺に店舗やむじんくんが設置されていない時にどのように申し込めばいいのか見ていく事にしましょう。

アコムはネット完結で申し込みをする事が可能になっています。スマホでホームページにアクセスして申し込みから借り入れまでの手続きをすべて出来てしまいます。必要書類もスマホのアプリで提出する事が可能なので住んでいる場所の周辺に店舗やむじんくんが設置されていなくても対応する事が出来ます。また電話や郵送でも申し込みをする事が出来るので検討してみるといいでしょう。

『金利が低くてお得』という言葉に騙されるな!重要なのはサービス面!

銀行や大手消費者金融のカードローンを紹介するサイトには、『金利が低くてお得』といったことを謳っているものが少なくはありません。しかし、これらの多くは基準となる金利が利息制限法の上限金利と比較してお得と言っていることもあり、信用できる内容ではないと言えます。

そもそも、借り入れした金額に対して、年利14.5%や18%の金利は決して低いものではありません。先ず、多くの方は消費税が5%から8%になったこと、そして10%に引き上げられる際に受ける景況を気にするはずです。消費税と比較しても明らかに、高い金利でお得とは言い難いのが実態です。そもそもの、比較基準が高すぎ、本当にお得と言えるの

は目的ローンで金利3~7%のようなものならカードローンに比べるとお得と言えます。先ずは、安易にお得と謳う情報を過信しないことです。そして、カードローンを検討する際は、サービス面でのお得さに注目するのが重要です。例えば、提携ATMの利用手数料が無料、会員特典で割引が受けられるなどの実際に現金が発生しない、もしくは実質的には戻ってくるといった点に注目するのがおすすめです。