「キャッシング」カテゴリーアーカイブ

学生ローンのメリットとデメリット

学生にとって新生活が始まるこの時期に学生ローンのメリットとデメリットを紹介します。

まずメリットは、金利が年16%前後と消費者金融の年18%よりもやや低いことです。次に基本的にアルバイト先への在籍確認がないことです。普通のカードローンの審査には原則職場への在籍確認が不可欠となっています。なお卒業後もそのまま利用できる業者が多いので、わざわざ卒業後に他社に申し込む必要はありません。

一方デメリットは借り入れは原則1回こっきりで、カードローンのように融資限度額の範囲内で何度も利用できないことです。さらにカードが発行されないので、コンビニATMを利用できず、借入・返済方法が少ないことです。

いざという時のキャッシング

出かけた先で、急にお金が必要になることは良くある事です。

お金が必要な時に、お金がないとやりたい事をあきらめなくてはいけません。

しかしたまにしか訪れないような場所で、やりたい事をあきらめるのは辛いものです。

先日も外出先で、急にお金が必要になりました。

昼時にお腹が空いたのでランチを食べようと思い、財布の中を見たのですが現金が全然入っていません。

また銀行のキャッシュカードも、お財布に入っていませんでしたので、お金を下ろすこともできません。

ただしクレジットカードはお財布に入っていたので、クレジットカードで支払いをしようと思いました。

しかし飲食店やスーパーなどの多くは、クレジットカードが使えません。

私が行きたいと思ったお店もクレジットカードで支払いができないお店でした。

外出先の街にしかない、美味しそうな個人経営の飲食店です。

この機会を逃したら、つぎにいつ訪れることができるか分かりません。

ランチをあきらめるしかないかな…と思った時に、カードでのキャッシングを思いつきました。

一括払いなら金利を取られることもありません。

コンビニのATMでキャッシングし、無事にランチを食べることができました。

一括払いのキャッシングはいざという時に便利だと思います。

継続は力なりはキャッシングにも通じる言葉

キャッシングを利用するには申込みをして、審査を通過し、契約する必要がありますが、審査はキャッシング会社によって基準が違います。

ですが、どのキャッシング会社でも注目する事が判明しているポイントが有り、その一つが勤続期間です。

お金を貸すからには返してもらわないといけないので、貸す相手に安定した返済能力が有ることは必須です。

勤続期間は仕事を唐突に辞め、返済能力がなくなったりしないかを判断するために、ほぼ全てのキャッシング会社が判断基準の一つにしています。

勤続期間が半年に満たなければ、仕事をすぐやめる可能性があると判断され審査通過率は著しく低下しますし、1年以上続けていれば早々辞めることは無いはずと審査通過率にプラスになります。

継続は力なりと言いますが、キャッシングに於いて仕事を継続することは、審査の通りやすさに影響力を持つのです。

フクホーのレディースコールなら女性でも安心して申し込める

大阪の有名な消費者金融フクホーでは、女性でも安心して申し込めるレディースコールを新設しました。フクホーは、ちょっと訳有りの方が申し込める消費者金融です。女性は、なかなか自分の過去にやらかしたことを男性スタッフには話しづらいです。レディースコールなら女性スタッフが全て対応してくれるため、女性でも安心して相談できるのです。

フクホーで新規に借りられるのは50万円までです。もちろん総量規制の対象となるために、他社から借り入れがある方は年収の3分の1を超えて借りられません。また大手消費者金融よりも必要書類が多いので、そうしたこともレディースコールで女性スタッフに相談して下さい。きっと力になってくれるでしょう。

学生がカードローン契約したときに忘れてはならないことは?

学生は、学生ローンだけでなく、大手消費者金融のカードローンも契約が可能です。しかし、学生がカードローンを利用する場合、卒業後には直ぐに勤務先や住所の変更届が重要です。時間が開いたときに手続きすればいいと先送りすることで、ルーズな契約者と判断されるリスクがあります。

すぐさま契約自体に影響はないものの、取引規約に反する行為となってしまい、契約更新や増額時の審査に影響するリスクが生じてしまいます。特に学生の頃より、社会人となった時の方が返済能力は高くなります。ですが、ちょっとした不注意で増額出来ないというデメリットを受けないようにすることをおすすめします。

また、より金利の低い銀行カードローンを契約する際、過去に利用していた消費者金融が保証委託先となるケースもあるため、影響範囲は広がってしまいます。

最近利用者が増えてきているSMBCモビットはどのような特徴がある?

大手の消費者金融でキャッシングをする時はアコムヤプロミスを選ぶ人が多い傾向がありましたが、最近ではSMBCモビットを選ぶ人が増えてきています。SMBCモビットはアコムやプロミスに比べて知名度が低い部分がありますが、どのような特徴があるのか見ていく事にしましょう。

・雇用形態関係なく利用する事が可能

SMBCモビットの利用条件は20歳以上69歳以下で安定収入のある人となっているので該当していれば誰でも利用する事が出来ます。消費者金融は正社員でないと利用する事が出来ないというイメージがありますが、SMBCモビットはアルバイトや派遣社員でも利用する事が出来ます。しかし総量規制の対象になっているので収入のない専業主婦は利用する事が出来ません。

・ネットキャッシングをする事が出来る

消費者金融は自動契約機でキャッシングカードを発行してもらってお金を借りるのが主流でしたが、SMBCモビットはWEB完結申込を取り入れているのでネット上で申込手続きをする事が出来ます。それで自動契約機に来店する必要がないのですごく便利です。ネットキャッシングをする事が出来るのでSMBCモビットを利用する人も多いです。

SMBCモビットはこのような特徴があるので今後も幅広い人がキャッシングをする時に利用するでしょう。

総量規制があっても借入ができる項目

消費者金融では、総量規制によって個人への貸付は原則的に収入の3分の1までとなっていますが

その規制にかからないような項目も存在します。

その項目としては、不動産や車に関して購入したときのローン、有価証券や不動産などを担保にするときの融資に関して、

高額な医療費を負担するときの貸付金、おまとめろーん、緊急で必要な貸付が必要なとき、

個人偉業主に対する事業用の貸付、配偶者との収入とをあわせた合計の年収の3分の1を超えない場合など

結構な数の例外はあります。

ですが、通常の消費者金融は事業用の資金や不動産の担保といった例外的な事例しか適用してくれる可能性がなく、

ほとんどはあってないようなものですので、注意しておきましょう。

キャッシングを利用するなら比較サイトを活用しよう

国内には数多くのキャッシングが存在しており、似たようなサービスが多いですが、消費者金融会社や信販会社の特色が出ています。利便性が高いのは、大手消費者金融会社であり、提携ATMは全国に圧倒的な数を有していますので、利用者は最寄りのコンビニでいつでも融資を受けたり、返済をしたりと出来る環境が整います。また、スマートフォンアプリを利用したカードレスで使える仕組みの導入もいち早く大手消費者金融会社が行っています。

キャッシングサービスを選ぶのであれば、比較サイトを活用すると便利です。各社の特徴や利用条件が纏められており、利用者にアンケートを実施して作られたランキングなども掲載されていますので、評価が高い消費者金融会社から検討して、自分に合ったサービスを選ぶと良いでしょう。

J.Score(ジェイスコア)では無利息期間のようなサービスはない

J.Score(ジェイスコア)というのは最先端の技術を駆使した消費者金融です。

AIが審査をすることでも有名ですけど、J.Scoreには無利息期間のようなサービスは基本的にありません。

そこがJ.Scoreの特徴とも言えると思うのです。

他の大手の消費者金融では、いくつかの会社がこういった無利息期間というサービスを実施していて、それによって初回利用に限り利息をとられない期間を設定できるサービスがありますが、そういったサービスが受けられませんから、そこは知っておいてほしいです。

しかし、J.Scoreはその分金利が他の有名な消費者金融よりも明らかに安いので、無利息期間がある他の消費者金融よりもお得に利用できる可能性はあります。

でも、もちろん審査に通過しないといけないので、そこは頭に入れておいてほしいですけど。