「キャッシング」カテゴリーアーカイブ

学生がキャッシングをする時にどのぐらい借りれる?

学生でも20歳以上で月々に収入を得ていればキャッシングをする事が出来ます。しかし正社員に比べると収入が少ないので限度額が抑えられてしまう事が多いです。そこで学生がキャッシングをする時に実際にどのぐらいお金を借りる事が出来るのか見ていく事にしましょう。

学生はアルバイトが主な収入源になっているので基本的に年収は100万円以下になる事が多いです。それで限度額は3万円から10万円の間に設定される事が多いです。しかし最近ではネットの発達とスマホの普及により学生でも事業収入を得られる環境が整ってきています。それで事業収入を得ていて収入が多い場合は限度額がもう少し高く設定される事もあります。基本的には少額の借り入れになるのでしっかり覚えておきましょう。

カードローンは支払い総額で比べて初めてお得かどうか分かります

例えばプロミスとオリックス銀行カードローンで10万円借りた時の金利は年17.8%です。金利が同じだから返済総額も同じだと思ったら大間違いです。最低返済額のみを返済した場合、オリックス銀行カードローンの支払い総額が113006円なのに対し、プロミスは125403円とプロミスの方が支払い総額が多くなるのです。

なぜ金利が同じなのに支払い総額に差が出るのかと言うと、毎月の最低返済額がオリックス銀行カードローンが7000円なのに対し、プロミスは4000円だからです。毎月の返済額が倍ほど違うので、オリックス銀行カードローンが17ヶ月で、プロミスは32ヶ月で完済することになります。ですから金利を見てカードローンを選んでも、本当にお得かどうかは分からないのです。

主婦のキャッシングとは?

キャッシングはお金を稼いでいる人ができる行為になります。それは総量規制というのがあるからです。

ですから、主婦でもキャッシングができるときとそうでないときがあります。つまりは、パート主婦であれば問題はない、となるわけです。一応、いくらかの消費者金融はパートは駄目としているところもありますが基本的には大丈夫なところが多いです。主婦であろうと稼いでいるのであればそれが総量規制内であれば貸すことができるようになります。

また、配偶者貸付というのもありますが、こちらは制度として利用可能ではありますがそもそもやっている業者がそんなに多くありませんから、こちらはあまり期待しないほうがよいでしょう。素直にパートをしていることが条件である、ということをまずは覚えておくとよいでしょう。

ちなみに銀行系であれば総量規制が引っかかることがなくなります。ですから、もしかすると借りられるかも、と思っている人も多いですが、こちらも法律的には貸すことができる、というだけであり、無職、専業主婦の人にはなかなか貸すようなところはありませんから、そこまで期待しないほうがよいでしょう。しかし、専業ではないのであれば主婦でも借りられる可能性がある、とは知っておきましょう。

借入額に対し5年間で最大約5割アップの危険性!

銀行や消費者金融のカードローンの多くは、リボルビングスライド方式による返済が一般的になっています。そのため、毎月の返済額を最小限に抑えることは可能なものの、長期返済を行った場合、総返済額が増加してしまい返済が終わらないといった感覚を得てしまいます。

大手消費者金融のカードローンに比べ、金利設定が約3%程低い銀行カードローンであっても、長期返済はリスクを伴ってしまいます。そもそも、リボルビングスライド方式により、50万円を借り入れした場合、金利18%かつ5年間で総返済額が約76万2千円となり、金利14.5%でも約70万5千円となってしまいます。結果的に40%から50%の金額がアップしてしまいます。

キャッシングローンを利用する場合、少しでも総返済額を抑えるのであれば、短期間での返済に注意する必要があります。特に10万円以下の借り入れであれば、年間利息も低く抑えることが出来るため、借入額の10%以下とうことも可能です。

カードローンの多くは、契約更新により返済期間の長期化となり易いため、返済計画を検討する場合には1年以内に返済するということが重要なポイントとなります。特に近年では、少額返済に対応した銀行カードローンで返済不能になるケースもあり、返済契約の重要性が指摘されています。

スーパーホワイトの状態から抜け出すには?

スーパーホワイトの状態ですと、審査に落ちるようなケースが出てきて、なかなか新規の借り入れやクレジットの契約ができないようような状況になったりします。

そんなときに抜け出す方法としてクレヒス(クレジットカードの利用履歴)をためるという方法があります。

支払いが一定期間継続的にされているというような状況があれば、支払い能力の証明にもなります。

クレジットカードがないという場合でも、形態の割賦払いといったようなものが利用できるなら、クレヒスをためることは可能です。

結構な時間がかかる方法ですが、クレヒスを少しずつ積み上げることによって、低い信用状態でも借り入れができるような会社を見つけることが可能となります。

派遣社員やアルバイトでもキャッシングは可能

キャッシングを可能にする条件として安定した収入があるということは欠かせないことでもあります。

しかし裏を返せばそれ以外の条件というのは多くはなく、雇用形態にかかわらず金融機関からキャッシングを行なうことは可能です。

これは派遣社員であっても例外ではなく、申し込みの際に利用者に安定した収入があることが確認できれば、キャッシングができる可能性も大いにあります。

キャッシングで避けては通れないのが在籍確認ですが、派遣社員の場合は派遣先の企業を記入するべきか、派遣会社の名前を記入するべきか迷ってしまうこともあります。

基本的には自分が所属している派遣会社を記載することで問題なく在籍確認が行われますが、申し込む金融機関によって記載内容が変わることもあるのでしっかりとチェックするようにしましょう。

また在籍確認の前には、あらかじめ派遣会社に相談しておくことでスムーズに在籍確認が行われます。

カードローンは怖いものではなく上手に利用すれば便利です。

キャッシングという行為に抵抗感のある人も多いのが現実です。ドラマや映画で見るような取り立てがあるのではないかという思いもあるかもしれませんが、それは大きな誤解でそのような行為は法律で禁止されています。

万が一、返済できずに滞納してしまったとしても、督促の電話や郵便物が届くだけで自宅に押し掛けられるようなことは決してありません。

カードローンの基本的な使い方は臨時支出があった時に、それを補填するためのものです。借り入れの金額は、次の返済日に完済できる範囲内に留めておくことが原則です。

自制心なく借りすぎてしまうと、返済が不可能になってしまいますので使い方には注意が必要です。

それでも、先ほど書いたようなことはありませんので、カードローンは上手に使えばデメリットよりメリットの方が多いです。

学生ローンのメリットとデメリット

学生にとって新生活が始まるこの時期に学生ローンのメリットとデメリットを紹介します。

まずメリットは、金利が年16%前後と消費者金融の年18%よりもやや低いことです。次に基本的にアルバイト先への在籍確認がないことです。普通のカードローンの審査には原則職場への在籍確認が不可欠となっています。なお卒業後もそのまま利用できる業者が多いので、わざわざ卒業後に他社に申し込む必要はありません。

一方デメリットは借り入れは原則1回こっきりで、カードローンのように融資限度額の範囲内で何度も利用できないことです。さらにカードが発行されないので、コンビニATMを利用できず、借入・返済方法が少ないことです。

いざという時のキャッシング

出かけた先で、急にお金が必要になることは良くある事です。

お金が必要な時に、お金がないとやりたい事をあきらめなくてはいけません。

しかしたまにしか訪れないような場所で、やりたい事をあきらめるのは辛いものです。

先日も外出先で、急にお金が必要になりました。

昼時にお腹が空いたのでランチを食べようと思い、財布の中を見たのですが現金が全然入っていません。

また銀行のキャッシュカードも、お財布に入っていませんでしたので、お金を下ろすこともできません。

ただしクレジットカードはお財布に入っていたので、クレジットカードで支払いをしようと思いました。

しかし飲食店やスーパーなどの多くは、クレジットカードが使えません。

私が行きたいと思ったお店もクレジットカードで支払いができないお店でした。

外出先の街にしかない、美味しそうな個人経営の飲食店です。

この機会を逃したら、つぎにいつ訪れることができるか分かりません。

ランチをあきらめるしかないかな…と思った時に、カードでのキャッシングを思いつきました。

一括払いなら金利を取られることもありません。

コンビニのATMでキャッシングし、無事にランチを食べることができました。

一括払いのキャッシングはいざという時に便利だと思います。