「審査」カテゴリーアーカイブ

キャッシング審査で業者側に必ず確認されること

消費者が手軽にお金を借りられることから大勢の利用者がいるのが、消費者金融のキャッシングのサービスです。消費者金融のキャッシングでは最短でその日のうちに審査が済み、当日中にキャッシングにサービスの利用が可能になるスピーディーさが魅力ですが、実際にお金を借りるには審査に通らなくてはなりません。

もちろん、キャッシングの場合には銀行のように審査が特別厳しいというわけではないので、審査に落とされてしまうという心配は仕事に就いている人であればほとんどありません。

ただし、キャッシングの審査では必ず本人確認と在籍をしている職場への電話による確認が行われます。そのため、キャッシングの申し込みの手続きをする際には自分の身元を証明できる運転免許証などの身分証明書、在籍をしている職場の電話番号などが必要になってきます。

キャッシングでは担保や保証人の代わりに消費者個人の信用力に対して融資が行われるので、消費者個人の情報が審査の結果を大きく左右します。キャッシングの審査では特に身元の確認と職場への在籍確認が重要なポイントになってくるので、この二点に関してはキャッシングの申し込み時にくれぐれも虚偽の内容を申請しないようにしましょう。

アイフルの契約に必要な書類について

アイフルを利用するにあたり、必要な物は前もって用意しておいたほうが、当然ながら手続きを円滑に進めることができます。

店舗や自動契約ルームで契約する場合、必要な物が揃っていれば、審査に通れば即座に利用可能になります。

アイフルの契約には、以下の書類が必要になります。

まず、「本人確認書類」。

具体的には、「免許証」「健康保険証」「パスポート」などが挙げられます。

いちばん手っ取り早いのは免許証ですが、社保や公務員共済などの保険証だと、利用者の職種レベルが判定しやすいので、審査が有利になる可能性があります。

ただし、いずれの書類を提出するにしても、書類に書かれた住所と現住所が一致しているかどうかは、しっかりチェックしておきましょう。

もし、引っ越しなどの理由で住所が異なっている場合は、「公共料金の領収書」「印鑑証明書」などでも代用できます。

次に、「収入証明書」。

具体的には、「源泉徴収票」「確定申告書」「給与明細書」などが挙げられます(給与明細書の場合は、直近2ヶ月分の物を用意してください)。

ただし、これらは「利用希望額が50万円超の場合」もしくは「他社と合わせた借り入れの総額が100万円超の場合」にのみ、必要になります。

アコムの審査に落ちる主な原因について

アコムの審査に落ちる主な原因には、以下のような物があります。

一つ目は、「誤字があった」。

申込時に入力フォームに必要事項を記入しなければなりませんが、そこで誤字がある場合は審査が正常に進まないので、結果的に落とされることがあります。

二つ目は、「安定した収入がないと判定された」。

「正社員だが、まだ勤務してから1ヵ月しか経っていない」などという場合は、安定した収入があるとは見なされません。

三つ目は、「返済能力がないと判定された」。

これは二つ目の項目と重複する所がありますが、正社員でも勤続年数が短いと、返済能力がないと見なされてしまいます。

四つ目は、「総量規制に抵触するおそれがあった」。

年収と比べてあまりに多い額の借り入れを希望したなどという場合は、総量規制に抵触するおそれがあると判定されてしまいます。

五つ目は、「過去に延滞などがあった」。

アコム以外の所から借り入れて延滞などがあった場合、その情報は消費者金融同士で共有されているので、審査の時にはマイナス材料となります。

六つ目は、「短い間に何件も申し込みをしている」。

延滞などと同じく、いつ・どこに申し込みをしたかという情報も消費者金融同士で共有されているので、やはりマイナス材料となります。

キャッシングは本人確認できる書類を提出するので準備

キャッシングの利用を考えている方は、本人確認できる書類を提出しなくてはいけません。ここで本人確認できる書類を提出する事ができなかった場合、本人として認められないです。その結果、申込をすることができないので注意しなくてはいけません。

運転免許証やパスポートなどを準備する事で、本人確認書類の提出を促された時、スムーズに提出することが可能です。その他にも健康保険証や住民票などを提出すれば、本人として証明できる場合もあります。予めどのような書類が本人確認として実施できるのか消費者金融によって異なっています。これから申込をする方は、事前に確認してから申込をすることで、しっかりと本人確認を行える書類を準備することができます。

キャッシングの審査が通りづらいの?

初めてキャッシングを利用すると言う方で「キャッシングを行う際の審査に通るか不安」と思っている方もいることでしょう。基本的には会社に勤めており、ある程度の給料をもらっていれば審査は必ず通ります。審査が通らない場合もいくつかあるのですがその場合は「以前にキャッシングを行っているが返済できずに金融事故を起こしてしまった。」

と言う方や「キャッシングの目的が分からずに高額なキャッシングを行おうとする」などと言ったことが審査が通らなかった際に考えられる理由です。ですから、そのようなことに該当しなければ審査は通るといっても過言ではないのです。初めてのキャッシングで不安はあると思いますが、ぜひ一度キャッシングの利用を検討してみて下さい。

キャッシングの本人確認は書類の提出で

キャッシングの審査で必要となるものが、運転免許証や健康保険証などの身分証明書です。希望する限度額が多い場合のみ提出が必要になる収入証明書類とは違い、本人確認書類は希望限度額が少ない場合でも必要となります。そのため、申込み手続きを始める時には手元に用意しておくことがおすすめです。

有効となる本人確認書類は、業者によって異なることもあります。運転免許証やパスポート、健康保険証のようにどこの業者でも有効な身分証明書を所持していない場合は、まず有効な書類を確認しておくことがおすすめです。そして、運転免許などを持っている場合でも、記載されている住所が現住所になっているかなどの確認をしておくことが大切です。住所が異なる場合は、現住所を証明する納税証明書などの書類の提出が必要となります。

カードローンやフリーローンの審査が通らない!落ちる理由に心当たりが無いときは?

カードローンやフリーローンを申し込みした際、予想に反して審査落ちしてしまうことがあります。中には、金融取引において事故を起こしたと心当たりが無いこともあります。特に二十歳になった方や新社会人の方は、携帯電話の支払いを疑う必要があります。

中でも、自身ではなく、両親が以前は支払っていた場合、その時に支払遅延があると自身にも影響が生じてしまいます。この場合、スマートフォンなどの高額端末が分割払いとなっていると支払遅延は事故情報になります。両親名義で端末の分割払いと思いがちですが実際には自分の個人信用情報に事故情報が残ることとなります。そのため、自信では支払遅延といった事実がない場合は個人信用情報を開示してみることが重要です。

信用情報に傷をつけないようにキャッシングを利用しよう

これはキャッシングの限定された話ではありませんが、消費者がお金を借りたいという場合には審査の過程で必ず信用情報機関へ登録されている過去の借入や返済の履歴といった情報の照会が行われます。もしも、信用情報機関に借金の滞納や債務整理などの履歴が残されているような場合には、キャッシングに限らず審査に落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。

つまり、信用情報に一度傷がついてしまうと将来的にお金を借りにくくなってしまう結果となってしまうのです。必要なときにいつでもお金を借りられるサービスのキャッシングを利用できなくなってしまっては、急に現金が必要だというときにその便利さを享受できなくなってしまい非常に不便です。

そのため、キャッシングなどでお金を借りる際には信用情報に傷をつけないように気を配る必要があります。特に注意をしておきたいポイントはキャッシングの返済に関してです。キャッシングでは金利が高く設定されているため支払う利息も多くなってしまいがちですが、だからといって返済を遅らせてしまうことは禁物です。

返済の遅れは信用情報に傷をつけてしまうことになるからです。どうしても返済が困難だというときには借り換えローンなどのより金利の安い方へ借金を乗り換えてしまうのもひとつの手です。

キャッシングの審査は誠意を持って挑むべし

審査を通ることができなければ、キャッシングを利用することはできません。キャッシング会社と一対一で行われる審査は、いわば最初で最後の難関です。

審査に挑むに至って、気をつけることはとにかく誠意を持って臨むということです。審査に通りたいからといって、収入を多く申告したり他社への借り入れ歴を隠してはいけません。そんな偽りはキャッシング会社には直ぐにばれることになって、信用を失うことになります。

そもそも収入の多さは、それほど審査には影響しません。収入に関わりがあるのは限度額の部分だけで、審査には安定しているかどうかだけが求められます。アルバイトでもパートでも、審査を通ることができるといわれるのはそのためです。数ヶ月無いし一年通して同じよう二収入を得ていることがわかれば、キャッシングを利用することは難しくないのです。

また基本的なことですが、審査での受け答えや提出する書類への記入は間違いの無いように努めましょう。簡単な数字間違いのミスだったとしても、審査に落ちる原因になったりします。急いでいても慎重に確実に行ってください。

一度審査に落ちてしまったら、少し時間を置くのも必要なことですよ。がむしゃらに審査を受けていても落ちるたびにハードルが上がってしまうので、一旦リセットするべく挑戦を控えてみてくださいね。