「審査」カテゴリーアーカイブ

信用情報に傷をつけないようにキャッシングを利用しよう

これはキャッシングの限定された話ではありませんが、消費者がお金を借りたいという場合には審査の過程で必ず信用情報機関へ登録されている過去の借入や返済の履歴といった情報の照会が行われます。もしも、信用情報機関に借金の滞納や債務整理などの履歴が残されているような場合には、キャッシングに限らず審査に落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。

つまり、信用情報に一度傷がついてしまうと将来的にお金を借りにくくなってしまう結果となってしまうのです。必要なときにいつでもお金を借りられるサービスのキャッシングを利用できなくなってしまっては、急に現金が必要だというときにその便利さを享受できなくなってしまい非常に不便です。

そのため、キャッシングなどでお金を借りる際には信用情報に傷をつけないように気を配る必要があります。特に注意をしておきたいポイントはキャッシングの返済に関してです。キャッシングでは金利が高く設定されているため支払う利息も多くなってしまいがちですが、だからといって返済を遅らせてしまうことは禁物です。

返済の遅れは信用情報に傷をつけてしまうことになるからです。どうしても返済が困難だというときには借り換えローンなどのより金利の安い方へ借金を乗り換えてしまうのもひとつの手です。

キャッシングの審査は誠意を持って挑むべし

審査を通ることができなければ、キャッシングを利用することはできません。キャッシング会社と一対一で行われる審査は、いわば最初で最後の難関です。

審査に挑むに至って、気をつけることはとにかく誠意を持って臨むということです。審査に通りたいからといって、収入を多く申告したり他社への借り入れ歴を隠してはいけません。そんな偽りはキャッシング会社には直ぐにばれることになって、信用を失うことになります。

そもそも収入の多さは、それほど審査には影響しません。収入に関わりがあるのは限度額の部分だけで、審査には安定しているかどうかだけが求められます。アルバイトでもパートでも、審査を通ることができるといわれるのはそのためです。数ヶ月無いし一年通して同じよう二収入を得ていることがわかれば、キャッシングを利用することは難しくないのです。

また基本的なことですが、審査での受け答えや提出する書類への記入は間違いの無いように努めましょう。簡単な数字間違いのミスだったとしても、審査に落ちる原因になったりします。急いでいても慎重に確実に行ってください。

一度審査に落ちてしまったら、少し時間を置くのも必要なことですよ。がむしゃらに審査を受けていても落ちるたびにハードルが上がってしまうので、一旦リセットするべく挑戦を控えてみてくださいね。

消費者金融の審査で重要視されること

初めて消費者金融のカードローンに申し込む場合、審査に通るかどうかが一番の心配事ではないかと思います。即日融資に対応している消費者金融も多く、審査はどこもスピーディですが、審査に通るか通らないか待っている時間はとても緊張するものです。

JICC(日本信用情報機構)によると、日本人の約10人に1人は消費者金融のキャッシングを利用しているそうです。つまりは、それだけの人が審査に通っていると言うことになります。

カードローンに申し込む際は、正社員ではなく、非正規雇用で働いている、年収が低い、ということを不安材料として感じる人が多いようですが、パートやアルバイトでも審査に通ることが多く、消費者金融の審査での着目点は、私たちの想像とは少し異なるようです。

まず、重視されるのは、過去に金融事故を起こしていないかどうか。消費者金融のキャッシングを利用して数カ月滞納したことがある、債務整理をしたことがある、という人は審査に通る可能性が低くなります。
また、数週間以内に他の消費者金融への申し込みをしていた場合も、審査が厳しくなると言われています。

これは、他社の審査に通らなかったので、うちに申し込んできた、と解釈されるためです。
見方を変えれば、これまでキャッシングをしたことがなく、初めて申し込んだという人は審査に通る可能性が高いとも言えます。

過去にキャッシングローンを契約していたけど住宅ローンの審査に不利?

銀行や消費者金融のカードローンおよびフリーローンを契約している、または過去に契約していた場合、住宅ローンの審査が通過出来るか不安になります。一般的にキャッシング契約をしている場合、審査が通り辛いと言われています。しかし、審査に不利になるのは残債があり返済を続けている、もしくは契約状態でいつでも借り入れが可能にあるということになります。

では、どの様な状態であれば、住宅ローンや自動車ローンの影響が無くなるかというと契約終了から5年以上経過していることがポイントになります。これは、個人信用情報の取引履歴が抹消されるタイミングになります。

ただし、重要なことは解約していることです。住宅ローンや自動車ローンを将来的に契約する方は、不要になったキャッシング契約は適宜解約してしまうことがおすすめになります。特にカードローンの場合、利用限度枠内であれば、いつでも借り入れが出来る上、毎月の家計収支に余裕が無いと見做されてしまいます。

ですが、過去に契約していたということは、決して不利なものではなく、個人信用情報の情報保有期間を理解することが不安に考える必要が無くなります。どうしても不安な場合は、ローン契約時に個人信用情報の開示請求を行うのがおすすめです。