「返済」カテゴリーアーカイブ

大手消費者金融のカードローン返済!コンビニならATMよりマルチメディア端末!

大手消費者金融のカードローンであれば、大手コンビニチェーンに設置されるATMよりもマルチメディア端末を利用する方がお得というケースがあります。プロミスやアイフルの場合、マルチメディア端末を利用した返済であれば、返済時に掛かる手数料は無料です。

コンビニATMの場合、1万円以下で108円もしくは1万円超えで216円の利用手数料が掛かってしまいます。ですが、同じコンビニで手数料が掛からない返済方法があることを知っておくことで、返済時に掛かる負担を抑えることが出来ます。

たった100円、200円の手数料でも短期間の借り入れに占めるコスト的な無駄は非常に大きくなってしまいます。例えば、1万円を給料日前で1週間借り入れた場合、利息は35円前後になるものの、108円という金額が大きいということが分かります。もし、給料日の2週間前でも利息よりも手数料が高くなります。

利息が発生する分、返済時の手数料カットで実質的には利息分を回収したことになるため、マルチメディア端末は活用する価値があります。

キャッシングの返済は出来る限り前倒しすることが大切

キャッシングを利用した場合は、毎月の約定返済日までには必ず返済することが必要となります。期日までに返済が出来なければ、遅延損害金が発生したり、信用情報にキズが付いたりしてしまいます。その為、返済期日は必ず守ることが必要ですが、出来れば返済はどんどん前倒しで行っていきたいです。

キャッシングを利用すれば毎日金利が発生しています。金利は借入残高に対して発生していますので、借入残高が少ない方が金利負担も抑えることが出来ます。

キャッシングでは毎月最低限支払わなければいけない約定返済額が設定されていますが、約定返済額以上でしたらいくらでも返済することが可能です。その為、資金に余裕のある時には、約定返済と随時返済を併用して出来る限り多くの金額を返済するようにしたいです。

まとまった返済資金を準備することが出来れば、もちろん一括返済を行うことも可能です。ただし業者によっては元本のみの一括返済を認めている場合がありますので、元本のみを一括返済した場合は次回の約定返済日に完済日までの利息を支払うことが必要となります。返済方法を口座からの自動引き落しに設定している場合は、利息分の残高を残して置くことが必要となります。

キャッシングの返済は計画的に行おう

【キャッシング返済】

キャッシングは急にお金が必要になったり、今月ピンチという時に便利だ。しかし、そのお金をギャンブルに使用したり、返済できるあてが無いのに利用してしまうと取り返しがつかなくなるので気をつけなければならない。一番注意しなくてはならないのが、返済ができないため違うキャッシングで借りたお金で返済を行うことだ。

キャッシングでキャッシングを返済することをくりかえすと、利息だけがむやみやたらとかかってしまう。気づいた時には、本来借りた金額とは比べられないほど多額の金額を返済しなくてはならなくなる。ただ、返済をする当の本人は期限がせまっていたり、他にあてがなかったりと、その場凌ぎで返せることに満足してしまうため利息まで頭が回らない。

もし、どうしても返せない場合は、無理に返そうとするのではなく分割を利用すれば良いだろう。キャッシングにも分割の返済方法があるため、自分の返せる範囲の金額を選択し無理のない返済計画を立てよう。