「銀行系」カテゴリーアーカイブ

千葉銀行には年収600万円以上の方が使えるすごいカードローンがある。

千葉銀行には特別に使えるレベルの高いカードローンがあります。

その名もプレミアムクラス。 年収が600万円以上ないと利用ができませんが、

内容はすごく、借入限度額が300万円から500万円の間で、金利が3.8%から5.5%(変動金利制)であります。

この金利はかなり安い部類ですので、利用する価値というのはかなり大きいと思います。

また、千葉銀行で住宅ローン利用をしているのであればさらに0.2%の金利低減もできます。

残高不足でも自動的にバックアップする機能や、全国どこでも利用が可能など利便性はかなりあります。

利用できる方は限られていますが、利用できるのであればかなり利用がしやすいカードローンといえるのは確かなことです。

銀行カードローンの保証会社に対し過剰融資対策の強化要請がされた!

銀行カードローンにおける、過剰貸付や借り入れにより、多重債務問題が再燃していることが問題化しています。結果、銀行独自の自主規制により、所得証明書類の提出が必要になったり、総量規制に準拠し年収の1/3までの利用限度になるといったことが行われています。

しかし、銀行側の対応遅れもあり、2017年8月21日に日本貸金業協会は銀行カードローンの保証会社に対し、過剰融資対策の強化要請が行われました。これは、今後、保証会社がより審査を厳しく行うということに直結しています。

つまり、銀行カードローンでも消費者金融のキャッシングローンと同等の融資額になる可能性が高くなりました。そもそも、保証会社の多くは、消費者金融系ないしは大手クレジットカード会社となっており、日本貸金業協会の登録会員です。登録会員となっている場合、定期監査ないしは特別監査を受けることとなるため、過剰融資が露呈した場合は是正指示または処分を受けるリスクがあります。

今回の日本貸金業協会の対策の強化要請は、より銀行カードローンの審査が通り難くなるだけでなく、現在借り入れがある方は利用限度額が減額される可能性が生じています。結果として、銀行カードローンは総量規制の対象外ということでは無くなっているため、申し込みをする際は希望額を必要最小限に抑えるなど対策が重要になります。

楽天銀行スーパーローンはカードローンとしても利用可能

ネット銀行のとして多くの魅力的な金融商品の取扱いをしている楽天銀行ですが、特にローン商品は有担保ローン・無担保ローンを問わずに複数の種類の取り扱いがありますし、無担保ローンは目的別ローンとフリーローンという具合に双方の取り扱いを行っています。

数多くあるローン商品の中でも私たちの生活に最も馴染み深いローンの一つであり、最も利用者数が多いローンの一つが自動車ローンとなっていますが、楽天銀行の場合は楽天銀行スーパーローンを自動車ローンとして利用できるようになっています。

楽天銀行スーパーローンはカードローンの一種となっていますが、金利が低く使い勝手も良いので、利便性を考慮すれば他の金融機関に自動車ローンの申込をして借り入れをするよりも便利に借り入れと返済ができる可能性が高いと言えます。

一般的に金融機関で自動車ローンの申し込みをする場合には、運転免許証や源泉徴収票等の収入証明書などに加えて購入予定の自動車の見積書や領収書、さらには車検証といった書類の提出を追加で求められることが殆どなっています。

これらの書類を揃えるのは手間がかかりますし、審査にも多くの時間を要するケースが多くなっています。

しかし楽天銀行スーパーローンであれば、自動車専用の目的が定められたローンというわけではないので、自動車の購入証明書類の提出は必要ありません。また申し込みできる限度額500万円と高水準ですし、利用額300万円までの申込ならば収入証明書さえも提出不要なのです。

手間を省いて自動車購入資金を調達したい方には楽天銀行スーパーローンがイチ押しなのです。

青森銀行のカードローンの一つ

青森銀行のカードローンの一つであるAキャシングについては以下のような特徴があります。

まずは限度額は1000万円であること。 この辺りの地方ではほぼ最大限レベルで借り入れが可能なレベルでありますので、高額融資はここがいいでしょう。

申し込みは専用ダイヤルに電話や郵送、FAXで行うという方法で行い、ちょっとアナログな感覚があります。

あと75歳までの方が借り入れできるようになっており、かなり広範囲にお金を借入できれることができるという点で特徴があります。

地元の過多で青森銀行を利用している方ならより借り入れがしやすいですから、地元の方がお金を借入するときに利用するのであればかなりいいところなのではないかと思います。

銀行系カードローンの利用は減るのか?

業界側の自主規制の流れにより、銀行系カードローンの利用は厳しくなります。

即日融資といった速い審査を売りにしているところは、これからは暴力団対策のために時間をかける必要がありますので

審査時間は長くなりますし、審査についても総量規制に近づけるということで審査が厳しくなってきています。

そうなると、早めに借入したかった人や銀行の審査が通るか通らない人が借入できない状況になってしまいます。

また、借入金額も以前のようには生きません。

それなので、基本的にはお金の借入をすることが出来ない人が増えることが予想されますので、銀行系カードローンは

今後は減少していくことになるkと尾が考えられるのです。

以前と変わらない範囲で利用できる人もいますが、そういった人もいくらか減るでしょう。

銀行カードローンの審査が可決されるための3つの準備

銀行カードローンを利用する時は消費者金融を利用する時より審査が厳しいと言われているので申し込みをする前にしっかり準備をしておく必要があります。そこで銀行カードローンの審査が可決されるにはどのような準備をしていけばいいのか見ていく事にしましょう。

・安定した収入を得ておく

銀行カードローンの審査では返済能力があるかどうかが一番重要視されるので収入が安定いている事が大切になってきます。月々に一定の収入を得ておく事で安定してくるのでまずはしっかり仕事をしてお金を稼ぐようにしましょう。

・借金がない状態にしておく

銀行カードローンの審査で返済能力があるかどうかを確認しますが、収入だけでなく借金の有無もしっかり確認します。借金があると収入が安定していても返済能力がないと判断されてしまう可能性があります。借金がない状態にしておく事も重要なポイントになってきます。

・収入証明書を準備しておく

銀行カードローンは少額の借り入れをする時は本人確認書類だけ提出すればOKですが、自営業など収入面で不安な部分がある時は安定した収入があるという証明をする事が大切になってきます。審査に可決されるためには少額の借り入れをする時も収入証明書も準備して提出した方がいいでしょう。

銀行カードローンはなぜ収入証明不要なのか

銀行カードローンのメリットは総量規制対象外だということです。年収による制限を気にせずお金を借りることができます。また総量規制対象外であることは、銀行カードローンを利用しやすくしているという別の側面もあります。

高額融資でも収入証明が不要

それが収入証明不要のサービスです。銀行カードローンの多くでは、かなり高額の融資を希望しても収入証明書が原則不要となっています。消費者金融などでは50万円を超える時点で必ず収入証明書が必要になりますが、銀行カードローンでは本人確認ができる身分証だけで申し込みができるのです。これによって銀行カードローンにはとても申し込みやすくなっています。

なぜそんなことが可能なのか

消費者金融や信販会社が50万円を超える融資に対して必ず収入証明書を要求するのは、総量規制を守らなければならないからです。彼らには調査義務が課されており、収入証明不要としてしまうと法律違反になってしまいます。銀行カードローンは総量規制対象外なので調査義務もありません。そのため、100万円まで、300万円までなどのように独自の基準で収入証明が必要になる金額を設定できるのです。ある程度の金額までなら、わざわざ収入証明書を用意しなくてもお手軽に利用できるというのは、銀行カードローンの魅力のひとつといえます。