過去にキャッシングローンを契約していたけど住宅ローンの審査に不利?

銀行や消費者金融のカードローンおよびフリーローンを契約している、または過去に契約していた場合、住宅ローンの審査が通過出来るか不安になります。一般的にキャッシング契約をしている場合、審査が通り辛いと言われています。しかし、審査に不利になるのは残債があり返済を続けている、もしくは契約状態でいつでも借り入れが可能にあるということになります。

では、どの様な状態であれば、住宅ローンや自動車ローンの影響が無くなるかというと契約終了から5年以上経過していることがポイントになります。これは、個人信用情報の取引履歴が抹消されるタイミングになります。

ただし、重要なことは解約していることです。住宅ローンや自動車ローンを将来的に契約する方は、不要になったキャッシング契約は適宜解約してしまうことがおすすめになります。特にカードローンの場合、利用限度枠内であれば、いつでも借り入れが出来る上、毎月の家計収支に余裕が無いと見做されてしまいます。

ですが、過去に契約していたということは、決して不利なものではなく、個人信用情報の情報保有期間を理解することが不安に考える必要が無くなります。どうしても不安な場合は、ローン契約時に個人信用情報の開示請求を行うのがおすすめです。