継続は力なりはキャッシングにも通じる言葉

キャッシングを利用するには申込みをして、審査を通過し、契約する必要がありますが、審査はキャッシング会社によって基準が違います。

ですが、どのキャッシング会社でも注目する事が判明しているポイントが有り、その一つが勤続期間です。

お金を貸すからには返してもらわないといけないので、貸す相手に安定した返済能力が有ることは必須です。

勤続期間は仕事を唐突に辞め、返済能力がなくなったりしないかを判断するために、ほぼ全てのキャッシング会社が判断基準の一つにしています。

勤続期間が半年に満たなければ、仕事をすぐやめる可能性があると判断され審査通過率は著しく低下しますし、1年以上続けていれば早々辞めることは無いはずと審査通過率にプラスになります。

継続は力なりと言いますが、キャッシングに於いて仕事を継続することは、審査の通りやすさに影響力を持つのです。