キャッシングの申し込みで気を付けたいこと

学生の頃に大型のオートバイクを購入したいと考え、キャッシングを利用しました。

その頃していたアルバイトを続ければ十分購入できる額ではあったのですが、ただなんともなしに早く手に入れたいと考え、すぐに利用できる金銭入手手段であること、またその方法の容易さからこれを利用するに至りました。

初めての利用でしたが、インターネットで調べるとたくさんのサイトでその利用方法などが詳細に記され、おすすめや比較などが出ていたことも後押しになりました。

最初理由するにあたり、隙間時間でインターネットで簡単に入力して申し込みを完了することができ、とても安易に利用することができました。

しかし、当時学生であったこともあり、貸しだし限度額が低めに設定されてしまい、必要な額にはぎりぎり達していたのですが、少しがっかりしました。

また、その際には2つのキャッシングサイトへ利用の申し込みをしていたのですが、こちらの時間や予定に関わらず私自身に、また私の勤め先へ急に、しかも2つ登録していた分数回に渡り電話をかけてこられたのには少しばかり困らされました。

わかりきったことかもしれませんが、利用するにあたり勤め先などに在籍確認などの名目で急に電話をよこすことがあります。

各種サイトの解説やキャッシングサイトのキャッチフレーズでは、キャッシング利用のための在籍確認とわからないように勤め先へ確認電話をよこすとありますが、実際に聞いてみると明らかにバレバレの内容で電話してきます。

故に勤め先や関わりそうな人にはしっかり説明や根回しをしておくことが勧められます。