銀行カードローンはなぜ収入証明不要なのか

銀行カードローンのメリットは総量規制対象外だということです。年収による制限を気にせずお金を借りることができます。また総量規制対象外であることは、銀行カードローンを利用しやすくしているという別の側面もあります。

高額融資でも収入証明が不要

それが収入証明不要のサービスです。銀行カードローンの多くでは、かなり高額の融資を希望しても収入証明書が原則不要となっています。消費者金融などでは50万円を超える時点で必ず収入証明書が必要になりますが、銀行カードローンでは本人確認ができる身分証だけで申し込みができるのです。これによって銀行カードローンにはとても申し込みやすくなっています。

なぜそんなことが可能なのか

消費者金融や信販会社が50万円を超える融資に対して必ず収入証明書を要求するのは、総量規制を守らなければならないからです。彼らには調査義務が課されており、収入証明不要としてしまうと法律違反になってしまいます。銀行カードローンは総量規制対象外なので調査義務もありません。そのため、100万円まで、300万円までなどのように独自の基準で収入証明が必要になる金額を設定できるのです。ある程度の金額までなら、わざわざ収入証明書を用意しなくてもお手軽に利用できるというのは、銀行カードローンの魅力のひとつといえます。