「アルバイト」タグアーカイブ

キャッシング申し込み時の在籍確認でアルバイト勤務先の場合はココに注意

キャッシング申込をした際には殆どの場合で働いている会社へ在籍確認が行われます。アルバイト勤務の方は、少し注意しておくことがありますので紹介しましょう。

それは必ずご自身が出られる電話番号か、それが出来ない場合はあなたの事を知っている人が電話に出られる状況であることです。大きな企業の場合、あなたの事を知らないと伝えてしまうことで在籍確認が取れないケースがありますので注意しましょう。

また、複数のアルバイトをしている場合は、最も収入が多いメインのバイト先の連絡先を記入しましょう。在籍確認の電話は1分から2分程度で終わり、あなたが実際にその職場で働いているかを確認するのみです。必ず個人名で電話が来て、キャッシング業者名を出されることはありませんのでご安心ください。

パートやアルバイトといった収入が低い方が注意したいことは?

銀行や消費者金融のカードローンやフリーローンは、契約者本人に安定した収入があれば、職業属性が悪くても契約は可能です。公務員や会社員に比べ、パートやアルバイトはスコアリングでは不利です。ですが、収入に応じた利用限度額が設定され、利用限度額が10万円で契約なら可能性があります。ですが、パートやアルバイトの方が注意するポイントは、他社借り入れ件数や金額の他、クレジットカードの支払いやローン支払いもあります。

審査においては、多重債務にもチェックが行われれ、クレジットカードの利用残高が多いほど、カードローンでの補填を疑われます。特に毎月の収入とクレジットカードの利用額が大きい方は、申し込みの利用限度額を抑えることが重要です。もし、どうしても不安があるという方は、クレジットカードのキャッシング枠を申し込むのが得策です。クレジットカードのショッピング枠の一部がキャッシング枠に割り当てられるため、融資リスクという点も避けられます。また、申し込みしても審査落ちして、その会社が利用し難くなるよりも、クレジットカードならキャッシング枠を契約できなくてもカード自体が解約されるリスクがありません。

収入が低い分、多重債務を疑われないよう、申し込み管理は非常に重要です。