「カードローン」タグアーカイブ

キャッシングは、しっかりとした返済計画を

お金がないときに、とても便利なキャッシングやカードローン。

契約内容によっては月々の返済も「最低返済額」のみでOKという場合もあります。

しかし、借り入れするときには、しっかりと返済計画を考えなくてはなりません。

無計画に借り入れて、最低返済額だけを返していると、なかなか完済することができないからです。

最低返済額のみを返済していると、なかなか元本の返済が進みません。

さらに、借りすぎると、つい無駄遣いしてしまう、ということも考えられます。

・なるべく多めの返済をすること

・必要以上に借り入れないこと

を意識しましょう。

キャッシングもカードローンも、とても便利なものだからこそ、うまく使いこなしたいものですよね。

楽天銀行のカードローンの利点とは

楽天銀行のカードローンは申込みがしやすい上に貸付条件が業界でも屈指の好条件となっているので、多くの人におすすめのカードローンです。楽天銀行カードローンの利点について詳しくみていきましょう。

・金利と利用限度額

2018年1月10日時点で金利は年1.9%~年14.5%、利用限度額は最高で800万円までと、メガバンクのカードローンと比較しても好条件のカードローンとなっています。

・スマホで申込みができる

書類への記入や捺印は不要でスマートフォンから申込みができますし、専用アプリから書類の提出ができます。

・専業主婦でも契約可能

専業主婦のように申込者本に安定した収入がない場合でも、配偶者に安定した収入があれば契約可能となっています。

大手銀行のカードローンで即日融資を受ける時の注意点

銀行カードローンは金利が低く設定されているので審査が厳しい傾向があります。それで審査回答が遅くなってしまう事が多いので基本的に即日融資を受けるのはなかなか難しいです。しかし銀行カードローンでも即日融資を受ける事が出来る場合もあります。三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイックは店舗内に設置されている契約機で申し込むと即日融資を受ける事が可能です。またみずほ銀行カードローンはWEB完結で申し込みをすると即日融資を受ける事が可能です。低金利で即日融資を受ける事が出来るのは条件として一番いいので申し込む人も多いですが、注意したい点もあるのでしっかり確認していきましょう。

・バンクイックは運転免許証を持参する必要がある

バンクイックは店舗内に設置されている契約機で申し込む時に運転免許証を提出する必要があります。運転免許証を持参するのを忘れてしまうと即日融資を受ける事が出来ないので注意しましょう。

・みずほ銀行カードローンは口座を持っているのが条件

みずほ銀行カードローンは利用する時に口座を持っているのが条件となっています。それで申し込みをする時に口座を持っていないと口座開設から始めなければいけないので即日融資を受ける事は出来ません。持っていない人は申し込みをする前に口座を開設しておくようにしましょう。

カードローンは計画的に使うことで生活に余裕ができます

家賃は主人が払ってくれていたんですが、主人がリストラされて払うことができなくなり、 2ヶ月滞納した結果、保証会社から督促の電話が私のところにかかってくるようになりました。

私もそれほどたくさん貯金がなかったのですが、督促はしつこく毎日何回もあり、ショートメールでも督促が始まりましたため、急遽カードローンを申し込みカードローンでお金を借りて返済しました。

カードローンだと簡単に手続きができて、根掘りは掘りも聞かれないのでプライバシーが守れるような気がして悪いことをしていると言う罪悪感があまりないところがよかったです。

そして、友達や親に心配をかけることなくお金を調達できるため自分の中で解決できる点が良いです。

金利だけでも返すことができますし一括で元本を返すこともできるので、マイペースに自分の小遣いや、家計のやりくりのさじ加減で無理なく返済ができて良いです。計画的に使うことで貯金はできませんが節約して返済はできます。

全く返済するあてがない場合はカードローンは、利用しない方が良いと思います。

アルバイトでもして私収入があるなら計画的に少しずつでも返済できるので、貯金する逆バージョンで確実に返済できて欲しいものが手に入るのでいいと思います。

カードローンで生活資金の運用はちょっと厳しい

夫が求職期間が長引き、生活資金を確保するために銀行でのキャッシングを申し込みました。

申込をした時は専業主婦だったので、借り入れできるか不安でしたが、限度額が低くても借入できたので助かりました。

また、申込する時の対応ですが、テレビ窓口という形式だったので、周囲の目を気にせず安心して申し込み処理を行う事が出来ました。

最初は1か月分だけの生活資金として満額借り入れをしました。その後は夫も転職に成功し生活基盤が築けるようになりました。

しかし、1年後に夫が鬱行を患い、傷病手当金を当てにする生活へと転落しました。当然というか傷病手当金だけでは生活が回らなくなり、再度借り入れを行いました

今度は前回の1か月分だけとは違い、終わりが見えない状況になっているので、一気に満額ではなく少しずつ借り入れを行うようにしました。

借り入れ額が増えれば、金利により返済の定額も増えるので、現状以上に負担が大きくならないように気を付けています。

キャッシング、カードローンを利用して生活資金として運用する方法は、あまり良い方法ではないと気づいています。

しかし、安心して借り入れができるのも事実なので、生活が安定して余裕が出来た時に振込みという形で返済が出来るようになりたいです。

利用してから気づいたカードローンの便利さと怖さ

カードローンを利用することになったのは転職がきっかけです。雇用保険には入っていたのですが退職理由が自己都合の為、前の仕事を辞めてから3か月待たなければなりません。すぐ再就職できればいいのですがそんなに甘くありませんでした。

当然3か月の間でも色々な支払いはあります。貯金もそんなになく生活が苦しくなった為利用することになりました。

助かった点は支払いに間に合ったことです。家賃や光熱費や携帯代など色々ありますが遅れることなく支払えたのが大きいです。

その当時一番困ったのは退職理由にもなるのですが体調を崩してしまい数日入院してしまったことです。とりあえず保険があったので後日もらえるのでいいのですが、病院にはお金を支払わないといけません。そんな時はとても助かりました。

利用するうちに思ったことは金利の高さです。カードローンなので消費者金融などと違ってそこまで高くはないのですが払っても払ってもなかなか減っていかないのがつらいところです。

まずは金利の低いところを選ぶべきです。カードローンとはいえ数%の違いでも支払い総額に差が表れます。お金がないので慌てがちになりますがよく考えて利用したほうがいいと思います。

あとは無理な返済は禁物です。早く返済しようと考えがちですが、後々急な支払いがあるかもしれないので余分に借りることなく返済していくべきです。

カードローン、キャッシングを利用して助けられた時のはなし

私は、引っ越し、結婚式、新婚旅行と大きなお金が動いた直後に妊娠が発覚しました。

産後すぐに年末年始を迎え、出費が増えましたがその時までは問題ありませんでしたが、産休手当てや一時金の支払いまで、想像以上に長くかかったため、手当てが支払われるまでの間、生活費の足り内分を補う形でカードローンやキャッシングを利用しました。

初めは利用することに抵抗がありましたが、審査に要する時間も短く、すぐ利用することができました。結果としてお金がない不安からすぐに解放され、精神的にも助かりました。

また、1万円ずつ利用できるので、まとめて大きなお金が動くわけではないことと、必要なときに必要なだけ借りられるところもメリットだと感じています。

ただし、カード会社によっては無人受け付け機を利用したり、店舗に赴く必要があるため、回りの目が気になって利用するまでにかなりハードルが高いと思います。

金利がかなり高いので毎月設定されている金額を返済しているだけでは、元金がほとんど減らず利息分のみの返済となるため、やはり計画的に利用しないとどんどん借入金が増えてしまい、その結果毎月の返済額も増えることになると思うので、気を付ける必要があると思います。