「利用」タグアーカイブ

キャッシングのご利用・ご返済は計画的にお願いします。

私がキャッシングを利用したのは、ボーナス払いでの支払いがあり、手持ちがなかったからです。

金額が10万円と高額だっため、家族に借りるにも話しづらかったので、いろいろな支払い方法を検討した結果、キャッシングを利用しました。

利用会社については、30日間無利息である会社を選びました。借用後すぐに、ある程度の返済ができることがわかっていたからです。

休日に申請しましたが、すぐに連絡が取れ、支払い期日前に手元に資金が用意できたことが助かりました。

また、審査も簡単だったため、必要なものもすぐに準備できました。

一方で、懸念していたのは、勤め先への本人確認の連絡でした。

キャッシング会社からの確認連絡後、勤め先から借用に関する問い合わせがあった場合、どう対処するかを考えていなかったいなかったためです。しかし、確認が取れましたとの返答後も勤め先から、借用に関する問い合わせがなかったので、助かりました。

借りるのは、自分が思っているよりも敷居は高くないと思います。

しかし、簡単だからといって、繰り返し使用したり、利用可能額を増やし続けると、返済ループに陥ることもあるかもしれません。

なので、借用は必要最低限にし、利用可能額もむやみに引き上げないことをオススメします。

キャッシングの申し込みで気を付けたいこと

学生の頃に大型のオートバイクを購入したいと考え、キャッシングを利用しました。

その頃していたアルバイトを続ければ十分購入できる額ではあったのですが、ただなんともなしに早く手に入れたいと考え、すぐに利用できる金銭入手手段であること、またその方法の容易さからこれを利用するに至りました。

初めての利用でしたが、インターネットで調べるとたくさんのサイトでその利用方法などが詳細に記され、おすすめや比較などが出ていたことも後押しになりました。

最初理由するにあたり、隙間時間でインターネットで簡単に入力して申し込みを完了することができ、とても安易に利用することができました。

しかし、当時学生であったこともあり、貸しだし限度額が低めに設定されてしまい、必要な額にはぎりぎり達していたのですが、少しがっかりしました。

また、その際には2つのキャッシングサイトへ利用の申し込みをしていたのですが、こちらの時間や予定に関わらず私自身に、また私の勤め先へ急に、しかも2つ登録していた分数回に渡り電話をかけてこられたのには少しばかり困らされました。

わかりきったことかもしれませんが、利用するにあたり勤め先などに在籍確認などの名目で急に電話をよこすことがあります。

各種サイトの解説やキャッシングサイトのキャッチフレーズでは、キャッシング利用のための在籍確認とわからないように勤め先へ確認電話をよこすとありますが、実際に聞いてみると明らかにバレバレの内容で電話してきます。

故に勤め先や関わりそうな人にはしっかり説明や根回しをしておくことが勧められます。

キャッシング利用の利点と、気を付けたい返済計画

生まれてこの方実家暮らしでしたが、職場が実家からすこし距離のある場所に転勤となり、悩んだ結果引っ越しをすることにしました。

引っ越しと一口に言っても、業者の手配、新居の内見、職場への申請と様々な手続きに追われ、新居の契約日前日になって初期費用として払う金額に対し、貯金額が足りないことに気づきました。

自業自得とはいえ、急なことでしたので、手持ちのクレジットカードのキャッシングを利用することにしました。

もともと私のクレジットカードはキャッシングの機能がついているものでしたので、新たに契約する必要もなく、提携ATMで即時にキャッシングが利用できたので、契約日の支払いには間に合いましたので助かりました。

その後の支払いも、クレジットカードの月々の利用額と合わせて少額を分割で支払うことができたので、新生活を圧迫することなく返済することができました。

しかし、少額を長期間分割で支払ったことで利子が嵩み、結果的には実際のキャッシング利用額をかなり上回る返済額となってしまいました。

私はクレジットカードのキャッシングで用立てましたが、金融機関の年率や返済計画などをよく読んだうえで利用すると良いと思います。

当時まだ二十歳そこそこだった私は簡単に必要なお金を用意できるからとキャッシングをして、その後は返済に頭を悩ませることになりました。

利率が良い悪いだけで判断せず、自分がいくら必要で、それをどれくらいの期間で返していかなければいけないのか、明確にしてからのキャッシング利用をお勧めします。

利用してから気づいたカードローンの便利さと怖さ

カードローンを利用することになったのは転職がきっかけです。雇用保険には入っていたのですが退職理由が自己都合の為、前の仕事を辞めてから3か月待たなければなりません。すぐ再就職できればいいのですがそんなに甘くありませんでした。

当然3か月の間でも色々な支払いはあります。貯金もそんなになく生活が苦しくなった為利用することになりました。

助かった点は支払いに間に合ったことです。家賃や光熱費や携帯代など色々ありますが遅れることなく支払えたのが大きいです。

その当時一番困ったのは退職理由にもなるのですが体調を崩してしまい数日入院してしまったことです。とりあえず保険があったので後日もらえるのでいいのですが、病院にはお金を支払わないといけません。そんな時はとても助かりました。

利用するうちに思ったことは金利の高さです。カードローンなので消費者金融などと違ってそこまで高くはないのですが払っても払ってもなかなか減っていかないのがつらいところです。

まずは金利の低いところを選ぶべきです。カードローンとはいえ数%の違いでも支払い総額に差が表れます。お金がないので慌てがちになりますがよく考えて利用したほうがいいと思います。

あとは無理な返済は禁物です。早く返済しようと考えがちですが、後々急な支払いがあるかもしれないので余分に借りることなく返済していくべきです。