「審査」タグアーカイブ

審査はその人を判断する

お金を借りる時は審査が必要ですが、人間を判断する最大の審査は信用度です。

信用できない人には、お金は貸せません。

人間を判断する要素は、職種、勤続年数、年齢でだいたいの人間像が分かります。

過去に延滞があったり、他からの借り入れがあると審査は通りません。

一度も遅れたことがない人や、最後まで支払いが可能だった人には、実績ができて審査も厳しくなくなります。

職種は安定性のある仕事で、安定した収入があることが条件です。

給料が、高かったり安かったりするのは難しいでしょう。

決め手は勤続年数ですが、1年だと厳しいものがあります。

今後、その人が継続できるかが分かりません。

5~10年勤務なら審査は通りやすいです。

年齢は、あまり年を重ねていると返せない場合が生じるので貸さないケースが出て来ます。

給料が安い若い人の方が借りやすいですが、限度額は少ないです。

初めてキャッシングに申し込んだ場合の審査について

初めて消費者金融のキャッシングに申し込む場合、やはり一番気になるのは、審査に通るかどうか、ということです。

キャッシングの審査では、正社員かどうか、年収がどれだけか、ということは実はそれほど重要視されません。キャッシングでは、審査に通ると、個別に利用限度額が設定されるので、非正規雇用で収入が少ない場合は、限度額が低くなるだけで、審査そのものに落ちてしまう、ということはありません。

審査で重要視されるのは、他社からすでに借りていないかどうか、過去に金融事故(滞納や債務整理)をおこしていないか、という点です。初めての申し込みでは、過去に悪い履歴がないため、審査には通りやすい傾向があります。一方で、信用度は未知数なため、利用限度額は低めに設定されます。

また、一度に複数の金融機関に申し込むと、その履歴もわかってしまい、切羽詰まっている印象を与えてしまうので、避けた方が無難です。

キャッシングの審査の要素とは

キャッシングサービスを受けるためには、審査を受けることになりますが、その審査とはどんな内容であるのか、ということが大事になります。具体的には個人の信用情報というのをまずは見られることになります。これは他のところも含めてどのくらい借りているのか、事故歴などがないのか、ということを見られるのです。まずはこれが大前提になると考えておきましょう。

それと審査という段階の前の話なのですが大抵のところは20歳以上、ということにしています。これは個人として出来ることと出来ないことが成人であるのかによって違うからです。金融に関する契約行為もそうなのです20歳以上というのを条件にしているのはこうした事情があるからであるわけです。

キャッシングの審査に通るコツ!希望額は少なめに

キャッシングに申し込む際、必ず審査に通過しなければなりません。最初の申し込み時に個人情報の他「いくら借りたいか」という希望額も書かなければなりません。つい「イザという時のために多めに借りておこう」という気になって必要以上に申し込んでしまいがちですが、あまりにも多すぎると「この人は返済できない」と判断され、審査に通過できない可能性があります。

例えば大手消費者金融の中には最高1000万円まで融資してくれる所もありますが、年収200万円の人は500万円でも融資してもらうことはできません。目安として最大でも年収の1/3まで、他によほど厳しい条件(ブラックリストに載っているなど)がない限り、本当に必要な金額を記入すれば審査には通過できるはずです。

キャッシングの審査を行う基準について

これからキャッシングをしようと考えている人にとって、審査基準は非常に気になる項目だと思います。しかし、消費者金融各社は明確な審査基準を公表しておらず、自身が審査を通るのか正解な答えを事前に知る事は出来ません。それでも様々な情報を収集することによって、どんな人が審査で落ちてしまうのかが分かるので紹介したいと思います。

キャッシングの審査では金融業者は必ず申し込んだ人の信用情報を確認します。金融業者は信用情報機関から信用情報を確認することで、個人情報の他に各種ローンやクレジットの支払い情報や、過去の金融事故情報を確認し、それらの信用情報を参考にしてキャッシングの可否や限度額が決定します。

その為、ローンの支払い等が長期にわたって滞っている人は信用情報に事故情報が記録されている場合があり、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

また、消費者金融のような貸金業者は総量規制によって、年収の1/3までの金額しか貸付をすることが出来ず、この金額は他の消費者金融からの貸付も含めたものとなっているので、既に他の消費者金融から年収の1/3以上の金額を借り受けている場合は審査を通りません。

それに対して銀行は総量規制の枠外となっているので審査を通る可能性はありますが、銀行によっては総量規制と同様の審査基準を設けていたり、年収のどれだけを返済に充てているのを示す返済比率によって合否を判断する場合があります。

これら他にも、安定した収入が見込めるかどうかの判断や、他社への借り入れ件数等も審査基準に含まれており、総合的に合否が判断されます。