「銀行カードローン」タグアーカイブ

口座を開設しなくてもな利用できる銀行カードローン

少額キャッシングの中では比較的金利の低めな銀行カードローンですが、利用する際にはその銀行に口座を持っていなくてはならないと考えている方も少なくありません。

確かにカードローンの利用条件として利用する銀行の口座を開設しなければならない場合もありますが、すべての銀行がそういうわけではなく、カードローンを利用する銀行に口座を持っていなくてもキャッシングだけ利用できる銀行もあるのです。

キャッシングを利用するためのポピュラーな選択肢としては銀行カードローンか消費者金融かということになりますが、銀行に口座を持っていないからと言って初めから銀行カードローンでのキャッシングを諦めてしまうことはないので、少しでも良い条件でキャッシングが利用できるように、事前に利用条件などを確認しておくことが重要です。

銀行カードローンの規制強化について

報道などによると、2017年も自己破産件数は前年比増加になったようです。これで2年連続の増加となっており、2017年にも自己破産件数の増加の主因として社会問題になった銀行カードローンの過剰融資問題が改善されていないという証拠にもなっており、2018年には再び問題の再燃となることはほぼ間違いないでしょう。

2017年には全国銀行協会が中心となって、自主規制をしたのですが、自主規制では対策が足りないということです。次の施策としてはやはり金融庁が中心となって、銀行カードローンにも消費者金融と同じような総量規制の導入が現実になる可能性がかなり高くなったと言っていいでしょう。銀行カードローンの融資は厳しくなっていくことがほぼ確実です。

キャッシングよりも有利に融資が受けられる銀行のカードローン

多くの利用者がお金を借りる目的で利用しているサービスとして消費者金融のキャッシングはよく知られています。
しかし、近年では銀行もキャッシングと同じようなカードローンというサービスに力を入れています。カードローンは消費者金融のキャッシングよりも金利が低く、総量規制の対象となっていないので限度額が高いのが特徴となっています。そのため、消費者金融のキャッシングよりも安い利息でより多めの金額を借りたいというは、キャッシングに申し込むよりも銀行のカードローンに申し込んだ方がいいかもしれません。

ただし、銀行のカードローンの場合、消費者金融のキャッシングよりも審査が厳しかったり預金口座の開設が必須であることも多く、そのことに不便さを感じてしまうこともあるかもしれません。
たしかに、銀行のカードローンは消費者金融のキャッシングに比べるとやや手軽さに欠けている面もありますが、低金利で限度額の高いカードローンは少しでも有利な条件でお金を借りたいという消費者によってはとても魅力的なサービスです。

カードローンは銀行が力を入れているサービスなので、いざというときにすぐに使えるように普段利用している銀行のカードローンに申し込んでおいてもいいかもしれません。